「母は未婚で私を産みました」奨学金で国立大卒の女性 「家庭環境が大変な人こそ、学歴は大切」

11

2022年07月05日 15:40  キャリコネニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネニュース

写真写真

就活や資格取得の際に問われる「学歴」。キャリコネニュースでは学歴に関するアンケートを行っているが、今回は「学歴は必要だ」と身に染みて感じた読者の体験談を紹介する。(文:コティマム)

※キャリコネニュースでは学歴をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/K0DQY3O9

学歴がなければ「逆境に打ち勝てるだけの仕事につけない」


福島県の50代女性(教育・保育/正社員/年収750万円)は、国立千葉大学卒。奨学金で進学したという。

「母が未婚のまま私を産み、金銭的にかなり苦しい家庭で育ちました。高校から奨学金を受け、実家を出て、大学に入学した後は、入学金・授業料免除していただき、奨学金とアルバイトで仕送りなしで生活してきました」

女性は、思いをこう力説する。

「育ってきた家庭環境が大変な人こそ、学歴や身につける資格を持つことは大切だと思います。そうでなければ、逆境に打ち勝てるだけの仕事にはなかなかつけません」

女性は自身の学歴に満足しているものの、「余裕ができたら大学に聴講に行ったり、大学院に入学したりしたいです」と、学び続ける大切さを意識し続けているようだ。

高卒女性「大学は行った方がいい。勉強もしておいた方がいい。自分の人生のために」

一方で、千葉県の40代女性(事務・管理/正社員/年収700万円)は、高卒の公務員。自身の学歴には「不満がある」という。

「25年以上働いて、未だに最終学歴を何かと記入させられ、学の無い自分にコンプレックスがあります。今からも大学行けなくもないけれど……」

女性は自身の経験から、「大学は行った方がいい。勉強もしておいたほうがいい。自分の人生のために」と綴っている。

このニュースに関するつぶやき

  • 大学って、学部なら研究者の基礎、院卒なら研究者として自立することが目標なので、職業訓練はしてくれない。仕事の技術を学びたいなら専門学校ですね
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

前日のランキングへ

ニュース設定