アメリカ代表MFアダムズのリーズ行きが間近に! 今週中には取引完了の見込み

0

2022年07月05日 16:34  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真リーズ行きが近づくMFアダムズ [写真]=Getty Images
リーズ行きが近づくMFアダムズ [写真]=Getty Images
 ライプツィヒのアメリカ代表MFタイラー・アダムズのリーズ移籍が近づいているようだ。5日、移籍市場に詳しいイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が自身の『Twitter』で報じている。

 ロマーノ氏によると、ライプツィヒとリーズはボーナス込みの移籍金2000万ポンド(約32億円)という条件で、4日午後に合意。メディカルチェックを今週中に実施し、問題が無ければ晴れてリーズの“ニューカマー”となるようだと伝えている。また、4日に発表されたイングランド代表MFカルヴィン・フィリップスの後釜という役回りを新天地でアダムズは期待されていることも併せてロマーノ氏は報じている。

 現在23歳のアダムズは、ニューヨーク・レッドブルズの下部組織出身。2015年にトップチームデビューを果たすと、2019年冬にライプツィヒへと移籍。身長は175cmで、本職のディフェンシブ・ミッドフィールドの他、右サイドバックでもプレー出来る。なお、2021年夏の移籍市場ではアーセナルが獲得に興味を示したという報道もされていた。リーズのジェシー・マーシュ監督とは、計4年間(NYレッドブルズ3年半/ライプツィヒ半年)共闘した経験を持っている。2021−22シーズンはブンデスリーガで24試合に出場した。

 また、アメリカ代表では2017年11月14日の親善試合ポルトガル代表戦でデビュー。これまで19試合に出場し、2021年以降は代表でキャプテンを務める機会も増え、2022年冬のカタール・ワールドカップでもメンバー入りが期待される。

 初のプレミアリーグ挑戦が近づくアダムズ。師弟関係のマーシュ監督と共に、リーズを高みへと導けるか。
    ニュース設定