おしゃれな「首掛け扇風機(ネックファン)」おすすめ4選 暑さ対策に! 長時間使える高機能&デザインのものを紹介

0

2022年07月05日 17:50  Fav-Log by ITmedia

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fav-Log by ITmedia

写真DANSOON(ダンスーン)「ネックバンドファン ROLLING」(出典:Amazon)/ドウシシャ「Tempo Breeze」(出典:Amazon)/エレコム「ECLEAR flow flow ハンズフリーファンミニセット FAN-U225」(出典:Amazon)
DANSOON(ダンスーン)「ネックバンドファン ROLLING」(出典:Amazon)/ドウシシャ「Tempo Breeze」(出典:Amazon)/エレコム「ECLEAR flow flow ハンズフリーファンミニセット FAN-U225」(出典:Amazon)

 暑い日が続いています。ハンディファンを使用する人を多く見かけますが、ハンズフリーで涼しい風を感じることができる「首掛け扇風機(ネックファン)」を使っている人も見かけるようになってきました。

【その他の画像】

 「首掛け扇風機」は年々さまざまな製品が発売されており、見た目がおしゃれなものも増えています。マスクをしなければならないシーンでも、涼しさをキープしてくれる優れ物です。今回はそんな「首掛け扇風機」のおすすめを紹介します!

●「ヘッドフォンタイプ」と「ネックストラップタイプ」どちらが良い?

 首掛け扇風機には主に2種類の形状があります。ヘッドフォンのような形で首に掛けて使用する「ヘッドフォンタイプ」と、扇風機本体に付いたネックストラップを首から提げて使用する「ネックストラップタイプ」です。

 ヘッドフォンタイプは送風口が顔や首に近いので、涼しい風がダイレクトに届きます。ただ音や重さが気になる製品もあるので、軽量で静音設計のものを選ぶとよいでしょう。また髪が長い人は、髪がファンに絡まってしまう可能性も。羽根がないタイプなど、安全性が高い製品を検討してみるとよいでしょう。

 ネックストラップタイプは首からぶら提げるタイプなので、動作音があまり気になりにくく、デザイン性が高い製品が多くなっています。ただ身体の動きに合わせて本体も動いてしまうので、うまく顔に風が当たらないことも。手で持って使用する時があっても問題がない人におすすめです。

●コスパを考えるなら「充電式」

 首掛け扇風機の電源は「電池式」と「充電式」の2種類があります。使用頻度が高くなければ電池式でも問題ありませんが、毎日使用するなら充電式がおすすめです。

 充電式は、電池式のものと比較すると本体価格が高めのものが多いですが、電池を交換する手間やランニングコストを考慮すると便利でお得な場合が多いです。

 充電式を選ぶなら、充電可能回数や1回の充電で使用できる時間をチェックしておきましょう。1日中使用したいなら、5〜8時間連続使用できるものが使いやすいでしょう。

●重さや機能も要チェック!

 長時間の使用を考えているなら、軽量モデルがおすすめです。250g以下のモデルだと、快適に使えることが多いでしょう。またネックストラップタイプだと小型で軽量のものが多いので、検討してみるのもよいですね。

 機能面については、風向きや風量を変更できると使いやすいでしょう。さらに「冷却プレート」が付いているものもあります。首の後ろも冷えてより一層涼しくなりそうです。

●おしゃれな「首掛け扇風機」おすすめ4選

DANSOON(ダンスーン)「ネックバンドファン ROLLING」

 ファッションアイテムとしておしゃれに身につけることができるのが、DANSOON(ダンスーン)の「ネックバンドファン ROLLING」です。無駄のないシンプルなデザインに、マット仕上げのくすみカラーがおしゃれです。

 またアームはロール式なので、クルクルと巻いてコンパクトにして持ち歩くことができます。重さは180gと軽量なので、1日中使用しても負担感が少ないでしょう。

 風量については3段階の調整が可能で、羽根なしなので髪が長い人も安心して使用することができますね。充電用にUSB Type-Cポートを搭載しており、1回の充電で弱風なら約6時間半、強風なら約2時間の使用が可能です。Amazonでの販売価格は4500円前後となっています。

ドウシシャ「Tempo Breeze」

 ドウシシャの「Tempo Breeze」はペルチェ素子を用いた温冷プレートが特徴です。首筋に付いたプレートは冷たくも温かくもなるので、オールシーズン使用できるのがうれしいですね。

 顔に当たる位置にファンを搭載しているので、顔に直接風を当てて体感温度を下げることができます。何といってもデザインがおしゃれで、コンパクトに折りたたむことができるのも便利です。

 バッテリーを内蔵している充電式ですが、モバイルバッテリーから給電しながらの使用もできます。フル充電時間は約5時間で、ファンのみの使用であれば約7時間使用可能です(強風だと約2時間)。重さが約270gなので、気になる人はいるかもしれません。ドウシシャ公式通販サイト「DOSHISHA Marche」での販売価格は9878円(税込)です。

BRUNO(ブルーノ)「ウェアラブルファン」

 コロンとした見た目がかわいい、ネックストラップタイプの首掛け扇風機がBRUNO(ブルーノ)の「ウェアラブルファン」です。シロッコファンを搭載しており、真上に風が出る仕様です。首元を涼しくしたい時に便利に使えそうです。また重さが155gと軽いのも、うれしいポイントです。

 ブラブラと動いてしまいがちなネックストラップタイプですが、背面に回転できるクリップが付いているのでシャツのスリットなどに固定して使用できます。充電式で、充電時間は約3時間、連続使用時間は約3〜6時間です。またモバイルバッテリーとしても使用できるので、アウトドアシーンなどのいざという時に重宝しそうです。Amazonでの販売価格は3000円前後です。

エレコム「ECLEAR flow flow ハンズフリーファンミニセット FAN-U225」

 「ECLEAR flow flow ハンズフリーファンミニセット FAN-U225」は、充電式のハンズフリーファンとクールタオルがセットになった商品です。かわいい見た目ですが、風量はリズム・弱・中・強の4段階に調整可能で、満充電で約3〜16.5時間使用できます。さらに、背面のリングを使用して手持ちの扇風機としても使うことができる2WAY仕様となっています。

 また付属のクールタオルは、水にぬらして絞って振るだけでひんやりと冷たくなります。ひんやり感が薄れてきても、水分が残っている間は振るだけで冷感がよみがえる優れもの。ハンズフリーファンと一緒に使えば、スポーツ観戦時やアウトドアシーンの心強い味方となりそうです。Amazonでの販売価格は2500円前後です。

    ニュース設定