ヨン・ウジン、イ・ジウンの出会いのシーンも! 映画『夜明けの詩』特報解禁

0

2022年07月05日 18:51  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『夜明けの詩』場面写真 (C) 2019 Vol Media co. ltd.
映画『夜明けの詩』場面写真 (C) 2019 Vol Media co. ltd.
 俳優ヨン・ウジンが主演を務める映画『夜明けの詩』より、幻想的な特報映像がヨン・ウジンの誕生日となる本日7月5日に解禁された。イ・ジウン/IUら実力派俳優たちのまなざしが見どころだ。

【動画】美しいピアノの旋律とともにヨン・ウジン、イ・ジウンの出会いのシーンも映し出される、映画『夜明けの詩』特報

 本作で監督・脚本を務めるのは、韓国版『ジョゼと虎と魚たち』での繊細な演出と映像美で観客を魅了したキム・ジョングァン監督。キム監督は「まるで登場人物たちと直接会話しているような感覚になります」と語り、会話の中から紡がれていく、キム監督の魅力的な世界観の誕生を示唆した。

 まだ冬が残るソウル。小説家のチャンソク(ヨン・ウジン)は、7年ぶりにイギリスからソウルに帰国する。コーヒーショップで時間を失くした女(イ・ジウン/IU)と出会う場面から、ストーリーが紡がれていく。そして、思い出を燃やす編集者、希望を探す写真家、記憶を買うバーテンダーといった、心に深い葛藤を抱えながらも人生を歩み続ける、4人との出会いを経て、チャンソク自らも心に閉ざしてきた記憶と向き合い始めた―。

 主演を務めるのは、Netflixドラマ『39歳』、映画『愛に奉仕せよ』(公開中)といった話題作に出演し、柔らかいまなざしや深みのある演技力で、観客を魅了する“ロマンス職人”ヨン・ウジン。共演を果たすのは、第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で2冠に輝いた、是枝裕和監督の最新作『べイビー・ブローカー』(公開中)に出演し、6月にはプロモーションで6年ぶりに来日を果たしたイ・ジウン/IU。さらに韓国の名バイプレイヤーとして名をはせるキム・サンホはじめ、イ・ジュヨン、ユン・ヘリら演技派俳優が集結した。

 特報映像では、本作の世界観を垣間見ることができる。美しいピアノの旋律ともに映し出されるのは、コーヒーショップで、小説家のチャンソク(ヨン・ウジン)と、時間を失くした女(イ・ジウン/IU)が出会う冒頭のシーン。「僕が考えた話があります。聞きますか?」とのチャンソクの問いかけに対し、イ・ジウン/IU演じる女性が「聞いてあげる」と答えるシーンが描かれており、この出会いからストーリーが紡がれていくことになる。

 「出会いと別れ、そして深く胸に刻まれた記憶」といフレーズが表示されると、思い出を燃やす編集者(ユン・ヘリ)、希望を探す写真家(キム・サンホ)、記憶を買うバーテンダー(イ・ジュヨン)といった、心に深い葛藤を抱えながらも人生を歩み続ける登場人物たちとチャンソクの、出会いのシーンが投影されていく。幻想的な雰囲気を醸し出す4人との掛け合いによって、主人公チャンソクが抱える心の悩みを晴らすことができるのか。“見る者すべてに寄り添うヒーリングストーリー”という本作の本質と、ストーリーの結末が気にかかる特報映像が仕上がった。

 映画『夜明けの詩』は、11月25日より全国公開。
    ニュース設定