自動モザイク入れAI、日本テレビが発表 作業時間を最大90%短縮

3

2022年07月05日 19:52  ITmedia NEWS

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真処理前
処理前

 日本テレビ放送網(東京都港区)は7月5日、映像編集の自動モザイク入れAIソフトウェア「BlurOn(ブラーオン)」を発表した。バラエティー番組や報道番組のモザイク入れ作業を最大90%効率化するとしている。



【その他の画像】



 画像認識AIで動画の中から人の顔やナンバープレートを自動検出するAdobe After Effectsのプラグイン。開発にはNTTデータが協力した。検出作業はクラウド上で行うため、PCに高いスペックは求めない。



 日本テレビやグループ会社によるBlurOnによる検証では作業時間を最大90%程度効率化できたという。自動検出する対象は今後も追加するとしている。



 日本テレビによるとモザイク入れは非常に手間のかかる作業で、例えば1分の映像素材へのモザイク入れはベテラン編集者でも1時間程度掛かることも。近年では個人情報保護の重要性の高まりから慎重な対応が必要で現場の作業負荷が増大していた。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定