2位・巨人、首位・ヤクルトに勝利!江本氏「いい勝ち方」

4

2022年07月05日 21:31  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人・丸佳浩(C) Kyodo News
巨人・丸佳浩(C) Kyodo News
○ 巨人 4 − 1 ヤクルト ●
<13回戦・東京ドーム>

 巨人が首位・ヤクルトとの3連戦の初戦に4−1で勝利した。

 初回先発・戸郷翔征が山田哲人に犠飛を浴び失点する嫌な立ち上がり。その裏、先頭の吉川尚輝が高橋奎二からライト前に弾き返すと、ウォーカー、丸佳浩、岡本和真、坂本勇人の5連打で3点を奪い逆転。3−1の4回には大城卓三が第5号ソロで追加点を挙げた。

 戸郷は2回以降も走者を出しながら、粘りのピッチングで6回1失点と試合を作る。4−1の7回からは今村信貴、平内龍太、大勢のリレーで逃げ切った。

 5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−ヤクルト戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「今日の勝ち方は非常にオーソドックスないい勝ち方。滅多にない5連打。そういうこともあるので、今日の内容は非常によかった。いかに打線が繋いでいくか、そうすると相手に対してのダメージが大きい」と評価。

 課題だったリリーフ陣も今村、平内、大勢が危なげない投球を見せた。江本氏は「一番不安なところがきっちり抑えましたけど、先発がもう1イニング投げるくらいのね。大勢も問題ないし、早く勝ちパターンを作り続けるというのが大事だと思います。これから先発がなるべく長く投げて、リリーフはまだ不安ですよ。今日がよかったからといって、明日はわからないですから」と一定の評価しつつも、“勝利の方程式”の継続的な安定を求めていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

ランキングスポーツ

ニュース設定