マンU、22歳のオランダ代表DFマラシアの獲得を発表! 「常にピッチで全力を尽くす」

1

2022年07月05日 22:56  サッカーキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真マンチェスター・U加入が発表されたマラシア [写真]=Getty Images
マンチェスター・U加入が発表されたマラシア [写真]=Getty Images
 マンチェスター・Uは5日、フェイエノールトからオランダ代表DFタイレル・マラシアを獲得したことを発表した。

 契約期間は2026年6月までの4年間で、1年間の延長オプションが付与されているという。なお、イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、移籍金は1470万ポンド(約24億円)程度とされている。

 現在22歳のマラシアはフェイエノールトの下部組織出身で、2017年にトップチームデビューを果たした。左サイドバックを主戦場とする同選手は、2021−22シーズンに公式戦50試合出場で1ゴール5アシストを記録するなど、これまで同クラブで通算136試合出場で4ゴール10アシストを記録。また、2021年9月にオランダ代表デビューも果たしており、これまで5試合に出場している。

 加入が決定したマラシアは、クラブ公式サイトを通じて次のようなコメントを発表している。

「マンチェスター・Uに加入できたことをとても嬉しく思っている。信じられない気分だ。新しいリーグで、新しいチームメイトとともに、素晴らしい監督に率いられて、僕にとって新しい章の幕開けとなる。エールディビジで彼(エリック・テン・ハフ監督)のチームと対戦した経験から、彼が持っている資質や選手たちに要求していることは分かっている。僕はまだ若く、これからも成長し続けるだろうが、マンチェスター・Uのユニフォームを着て、常にピッチで全力を尽くすことをファンに約束するよ」

「フェイエノールトが僕と僕の家族に与えてくれたものには、常に感謝の気持ちを持ち続けている。彼らがいなければ、このようなことはあり得なかった。今はマンチェスター・Uでの未来に集中しているし、クラブの成功に貢献する準備はできているよ」

 果たしてマラシアは、初挑戦となるプレミアリーグでどのようなプレーを見せるのだろうか。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定