ビールを炭酸で割るってどういうこと!? 好きな濃さで楽しめる「ビアボール」が新感覚すぎます

2

2022年07月05日 23:21  Pouch[ポーチ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

暑い日に飲みたいもの……それは「ビール」! キンキンに冷えたビールが喉をすべり落ちていくその瞬間こそ、私にとっての “至福の時” です。

このたび新たに登場するのは「好きな濃さで楽しめるビール」。

炭酸水で割ることで「薄め」「濃いめ」のビールができあがるという、これまでに類を見ない、超画期的な商品なんですっ!

【どんな濃さでも美味しく飲める】

サントリーから生まれた日本初の炭酸水でつくる自由なビール「ビアボール」

「新しいビールの文化をつくりたい」という思いのもと、自社過去最高となるアルコール度数16%を実現! 麦芽本来のうまみやコク、フルーティで爽やかな香りを、自分好みの濃さで楽しめるビールが誕生しました。
どんな濃さでも美味しく飲めるよう仕上げているので、楽しみ方はあなた次第。

ソーダたっぷりで薄めに作って、長〜く楽しむもよし。とことん濃いめにチャレンジするもよし。自分にぴったりハマる割合を探求するって面白いですよね。

【オススメの割合は 「1:3」】

サントリーが推奨している飲み方は「ビアボール1:炭酸水3」。

氷をグラスいっぱいに入れて、炭酸水、ビアボールの順に注ぎ、最後にマドラーなどで軽く1回混ぜたら完成です。
また炭酸水を入れずに、氷とビアボールだけで作る「ビアロック」といった飲み方も! 実際に試した人からは「ウイスキーみたいで美味しい」といった感想もあがっており、ぜひともチャレンジしてみたくなります。

【パッケージも素敵!】

さらなるビールの可能性を追求したビアボール。

希望小売価格は 家庭用小瓶(334ml)698円、業務用中瓶(500ml)862円。業務用中瓶は2022年10月4日、家庭用小瓶は11月15日から販売予定。7月5日からは業務用中瓶の数量限定先行発売を行います。

目印はターコイズブルーのパッケージ。シズル感たっぷりのブランドロゴにも注目してみてください♪

※本文中の価格は全て税抜きです。

参照元:サントリー、YouTube、プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る

このニュースに関するつぶやき

  • ノンアルコールの吹かし烏龍茶
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定