岡田准一に坂口健太郎がアプローチ「好きになっちゃった」 『ヘルドッグス』予告&ビジュアル公開

0

2022年07月06日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『ヘルドッグス』ポスタービジュアル(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会
映画『ヘルドッグス』ポスタービジュアル(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会
 俳優の岡田准一が主演し、坂口健太郎と初共演を果たす映画『ヘルドッグス』(9月16日公開)の予告映像と、ポスタービジュアルが公開された。

【動画】映画『ヘルドッグス』予告映像が解禁

 予告は、闇堕ちした元警察官の兼高昭吾(岡田)が、警視庁組織犯罪対策部特別捜査隊・班長の阿内(酒向芳)に捕らわれ、関東最大のヤクザ組織「東鞘会」への潜入を強要されるところから始まる。その目的は組織内でのし上がりトップに近づき、”秘密ファイル”を手に入れること。兼高は手始めに、組織内で最もイカれたサイコボーイ・室岡秀喜(坂口)に近づきバディを組むことになる。

 2人は警察によるデータ分析で“相性98%”と導き出された通り、お互いがなくてはならない関係の最強コンビとなっていく。その活躍が組織内でも評価され、ボスである神津組組長・土岐(北村一輝)の推薦で東鞘会のトップ、7代目会長・十朱(MIYAVI)の護衛に抜てきされることとなる。十朱は自分と同じ匂いがする兼高に対し信頼を置き始めると同時に、「お前の正体を見極めたい」と疑心も持っている。

 兼高が最大のミッションへと向かっていく一方、スピード出世する兼高を妬む土岐の部下・三神(金田哲)が“兼高が潜入捜査官”である情報をつかみ、室岡に「兼高が警察(サツ)の犬かもしんねえんだよ!」と驚がくの事実を突き付けるシーンも。信頼、裏切り、愛憎、そして、それぞれの正義への思いが錯綜し、常識をぶち破る予測不能なラストが牙を向く。

 同時解禁となったポスターには主要メンバーが勢ぞろい。キャラクター同士の思惑が渦巻き暗雲が漂うダークな雰囲気の中 “岡田史上もっとも闇深い”ダークヒーローの兼高が狂犬のごとく鋭い眼差しで見たものを掴んで離さないそんなインパクト大のビジュアルに仕上がっている。

 本作について岡田は「ピュアで、ぶっ飛んでる人しか出てない。本当にもうジェットコースターに乗ってる気持ちで撮影していましたけど、そういう映画になっているなと思いました。『ヘルドッグス』という荒波に身を任せて観てほしい」と自信をみせ、坂口は「すごいのができました。息もつかせない、手に汗握る、熱量の高い作品です。人間関係の濃さというか、それが愛なのか、それをもっと超越したものなのか、そういう瞬間を垣間見せてくれる作品です」と魅力を語った。

 また初共演となる互いの印象について、坂口は「物語の中で兄貴と慕っているんですけどやっぱりちょっとラブが芽生えたり、岡田さんのことをどうしても好きになってしまうような新しい気持ちが沸き上がりました」と心奪われたよう。一方、岡田は「『好きになっちゃった』ってさっき言われたんですよ。告られましたね」と答え、撮影現場以外でも2人の相性はバッチリだ。

 岡田は自身が演じた兼高について「ピュア過ぎるが故に闇堕ちしてしまって、理解しようとすると難しい人。現場に入ってどういう世界観になっていくんだろうと楽しみながらお芝居をしていた。黙って室岡たちがいる組織に乗り込んでいるので、バレてはいけないし、感情も切り出せるわけでもなく、すごく難しかった」と苦労も。坂口は「現場に入ってみてどううまく波に乗れるか、うまく転がっていけるかみたいのは、入って初めてその場の環境だったり、そこでご一緒する方たちの反応でその都度変えていくことが一番正解なのかなと思った時があって、純粋にその場その場を楽しんで室岡をやっていた」と雰囲気の良い現場だったことが伺える。

 また今作のPRミッションを任命された作品オリジナルのキャラクター“ヘルくん&ドッグス”の姿も明らかに。ヘルくん&ドッグスは、兼高と坂口の“狂犬コンビ”に勝るとも劣らないバディとして、公開に向け、さまざまな場所で映画を広めるミッションを託されており、まずは8日から発売開始となるムビチケ前売り券の特典としてステッカーに登場する。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定