「ユニコーンに乗って」 西島秀俊“ジョブズ小鳥”に「推せる」「全部持ってった」、坂東龍汰との共演に「真犯人フラグ」を思い出す視聴者も

1

2022年07月06日 07:32  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「ユニコーンに乗って」第1話(C)TBS
「ユニコーンに乗って」第1話(C)TBS
永野芽郁主演のTBS新火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」が7月5日から放送開始。西島秀俊演じる小鳥の“ジョブズ小鳥”スタイルに「推せる」「全部持ってった」などの声が殺到、坂東龍汰との共演に「真犯人フラグ」を思い出す視聴者も続出している。

貧しい生い立ちから教育系スタートアップを起業した若きCEOのもとに、会社の雰囲気とは全く異なるおじさんサラリーマンが転職してきたことから始まる大人の青春ドラマとなる本作。

キャストは貧しい家庭に育ち満足な教育環境に身を置けなかった過去をバネに、高卒から独学で勉強して教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」を起業した成川佐奈に永野芽郁。

26年間勤めていた地方銀行を突然辞めて48歳にして転職活動を開始、「ドリームポニー」に応募する小鳥智志に西島秀俊。大手不動産グループの一人息子だが佐奈と次郎とともに「ドリームポニー」を起業した創業メンバーで、CTO(技術責任者)の須崎功に杉野遥亮。

「ドリームポニー」創業メンバーでエンジニアの栗木次郎に前原滉。帰国子女で語学堪能なエンジニアの夏井恵実に青山テルマ。最年少で数学オリンピックに優勝したこともある天才エンジニアだが、コミュニケーション能力に難のある森本海斗に坂東龍汰。佐奈と9歳年の離れた妹の成川依里に武山瑠香。

佐奈が高校時代から憧れ、起業するきっかけを作った大手通信会社「サイバーモバイル」の新CEOの羽田早智に広末涼子といった顔ぶれ。




※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

早智に憧れ3年前に起業した佐奈だったが、ここに来て経営に行き詰まっていた。そんななか須崎から即戦力となる人員補充を提案されネットで求人募集。銀行を辞め新たな道を歩もうとしていた小鳥がその求人を見てドリームポニーに応募。佐奈たちは年齢も離れプログラミングの経験もない小鳥に“お祈りメール”を出し、一緒に面接を受けた森本を採用するのだが…というのが1話のストーリー。

その後佐奈は小鳥と再会、結局小鳥もドリームポニーの仲間として迎えることになるのだが、写真撮影の際に小鳥は黒いタートルネックのニットにデニムというスタイルに着替えて現れる。「こういう会社はこういうスタイルが普通かと思いまして」と語る小鳥を夏井は「ジョブズ小鳥」と呼ぶのだが、ネット上でも「ジョブズ小鳥が全部持ってった」「ジョブズ小鳥wwwかわいいwww」「形から入るジョブズ小鳥推せる」といった声が続出。

また小鳥とともにドリームポニーに新採用となった森本役の坂東さんと西島さんは「真犯人フラグ」でも共演しており、「真犯人フラグの2人が同期とか」「真犯人フラグ大好きだったから西島さんと龍太くんの共演見れて嬉しかった」「真犯人フラグの亀山運輸コンビでテンション上がった」などの反応も多数。

様々な話題を振りまきつつTwitter上では“#ユニコーンに乗って”が6日0時の段階でエンターテインメントトレンドの1位となっており、初回から大きな注目を集めている模様だ。

【第2話あらすじ】
佐奈はバーチャルスクール「スタディーポニーキャンパス」を作るべく、現在のアプリを大幅リニューアルしようと開発資金獲得に奔走するが、ベンチャーキャピタルの担当・白金(山口貴也)から、追加投資の条件として20万人の新規ユーザー獲得を提示される。そんな状況でITに疎いアナログ人間の小鳥についイライラ。須崎は元カノのインフルエンサー・凛花(石川恋)の協力を仰ぐが…。

「ユニコーンに乗って」は毎週火曜22:00〜TBS系にて放送中。




(笠緒)

このニュースに関するつぶやき

  • 西島さんも「ラプラスの箱」を巡る騒動に巻き込まれるのね?(違う)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定