「夏のボーナス」元本保証、本当に得する定期預金は? 注目はいつも高金利「オリックス」

1

2022年07月06日 11:00  AERA dot.

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真AERA 2022年7月11日号より
AERA 2022年7月11日号より
 元本保証の預金が大好きな日本人。大手銀行の定期預金金利は0.002%と低いが、知る人ぞ知る高金利預金がある。キャンペーン広告に引っかからない、賢い預金の選び方を伝授しよう。AERA 2022年7月11日号の記事から紹介する。


【お金が増える普通預金ベスト9はこちら】
*  *  *


 銀行をはじめとする金融機関側は“夏のボーナス商戦”と銘打ち、キャンペーンを設けてキャッシュを待ち構える。


 投資信託の積み立てが流行(はや)っているとはいえ、臨時収入の預け先として真っ先に思い浮かべるのは預金だろう。しかし金利が低い。ほとんどの銀行では普通預金が0.001%の横並び。普通預金より有利なはずの定期預金も、小口はもちろん大口預金であっても0.002%が目立つ。100万円を預けても、1年後にたった20円(税引き後17円)の利息しかもらえない。


 大手より高金利を提示している銀行を探そう。その際、注意すべきことがある。あくまで高金利は見かけの数字で、実質的にはさほど魅力的ではないケースが潜むのだ。


1カ月ものでも年利


 たとえば、ある銀行が今年6月から定期預金金利を引き上げ、注目された。円の定期預金1カ月ものの金利を、それまでの2倍の0.2%に変更。今年4月の時点(0.01%)と比べると20倍の水準になり、ネットでも「金利20倍に引き上げ」と派手に報道されていた。


 0.2%という金利に嘘はない。ただしこの金利が適用されるのは満期までの1カ月だけ。その後は普通預金金利(0.001%)が適用される。提示している0.2%は「年利換算」の金利だから、実際には「元金×0.2%÷12」、つまり0.2%の12分の1に相当する利息しかつかない。


 満期が訪れるたびに1カ月もの定期預金に預け直すことを1年間繰り返せば、0.2%に相当する利息をもらうことはできる。しかし面倒すぎないか?


 この「見かけの高金利」というトリックは、先述した“1カ月もの定期預金0.2%”に限らず、1990年代から横行してきた。1年未満で満期が訪れる短期の定期預金でも年率換算の金利を表示しているケースが主流なので、だまされないように注釈までよく確認しよう。




 高金利預金を選ぶとき、できれば「夏の……」など、期間限定キャンペーンではないほうが得でラクだ。常に高い金利を提示している銀行を選んでおけば、季節モノのキャンペーンが終わるたびに他の高金利を探して預け替える手間もなくなる。


0.27%のオリックス


 普段から高金利の定期預金を提供しているのはどこなのか。ベスト7をピックアップした。目をひくのは、5年満期で0.27%を提示するオリックス銀行の「eダイレクト定期預金」。6カ月ごとに利息を元金に加えて運用してくれる「半年複利」方式だ。この定期預金は01年から取り扱っているが、広告宣伝もほとんどせず、現在の口座数は約30万。知る人ぞ知る存在である。


 オリックス銀行が国内総合リース最大手のオリックスグループであることは察しがつくが、ここまで高い金利を掲げられるのはなぜなのか。オリックス銀行の鈴木祥之さんに聞いた。


「当行は銀座に1店舗を配するのみで、ATMも所有しておらず、インターネット取引が中心です。預金口座には自動引き落としなどの決済機能がないためシステム運営費用もかかりません。当行の経費率は42.3%(2022年3月期)と、他行と比べてコスト負担が低い分、収益性が高くなっています」


 日本金融通信社の「ニッキンレポート」によると、全国の銀行109行の平均経費率は64.1%(22年3月期)。オリックス銀行は2割以上も低い。


 経費率が低いこと以外に、何か理由がある? 


「当行では住宅ローンを取り扱っておらず、貸し出しの大半を占めているのは投資用不動産ローンです。賃貸に回すマンションやアパートを建てる人に貸すので、審査なども非常に専門的で参入障壁も高い。相対的に高い貸し出し利回りを得られます。その一部をeダイレクト定期預金の金利に乗せている形」


 個人の住宅ローンで審査するのは借り手の信用力(勤務先や所得水準など)で、貸し出し事業としての難易度はさほど高くない。これに対し、賃貸物件の収益性や事業計画を吟味しつつ融資の判断を行う投資用不動産ローンには、相応の知見や専門のノウハウが求められる。



 個人の住宅ローンは銀行間の競争が熾烈で貸し出し利回りが低め。投資用不動産ローンは参入障壁が高い(競争相手が限られる)ので、おのずと高い貸し出し利回りが得られるのだ。審査に関するオリックス銀行の実力は、不良債権の割合がわずか0.38%にとどまっていることが立証している。


 話が少々脱線するが、定期預金を預けるとき「元利自動継続」か「元金自動継続」を選ぶことになる。どちらを選ぶべきなのか? 鈴木さんは答えた。


「満期が訪れると、元金とその利息が再び同じ定期に預けられるのが元利自動継続。元金だけを同じ定期に預け、利息は払い出されるのが元金自動継続。わずかながらお金が増えやすいのは、元利自動継続です」


 なお、定期預金を満期日の前に中途解約すると、提示されていたものよりも低い金利(ペナルティー金利)が適用されることになる。元本割れすることはないが、せっかくの高金利が減る場合もあるのでご注意を。(金融ジャーナリスト・大西洋平、編集部・中島晶子)

※AERA 2022年7月11日号より抜粋


    前日のランキングへ

    ニュース設定