女子バロンドーラー、EURO2022を欠場へ…スペイン代表活動中に前十字靭帯損傷

0

2022年07月06日 12:12  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真2021年11月に女子バロンドールを受賞したプテリャス [写真]=Getty Images
2021年11月に女子バロンドールを受賞したプテリャス [写真]=Getty Images
 バルセロナ・フェメニ(バルセロナ女子チーム)所属のスペイン女子代表MFアレクシア・プテリャスが、負傷の影響で女子EURO2022を欠場することになったようだ。5日、イギリスメディア『BBC』などヨーロッパ各国のメディアが伝えている。

 攻撃的MFというポジションながら抜群の得点力も誇るプテリャスは、バルセロナ・フェメニとスペイン女子代表の主軸として活躍している。2020−21シーズンにはバルセロナ・フェメニをクラブ史上初となる女子チャンピオンズリーグ(WCL)王者に導き、女子バロンドールやFIFAとUEFAの年間最優秀選手賞を獲得。2021−22シーズンは、国内リーグで18ゴール17アシストを記録し、バルセロナ・フェメニの全勝優勝に大きく貢献。WCLでは連覇を逃したものの、11ゴールを上げ得点王に輝いた。

 『BBC』によるとスペイン女子代表では100試合出場27ゴールという成績を残しているプテリャス。7月6日に開幕を迎える女子EURO2022での活躍も期待されていた同選手だが、負傷によりスペイン女子代表を離脱することになったようだ。

 スペインサッカー連盟(RFEF)は5日、プテリャスがトレーニング中に左膝を負傷し、後にロンドンの病院で行われた検査により左膝前十字靭帯損傷の診断を受けたことを発表。『BBC』など有力メディアは、プテリャスがこの負傷の影響でスペイン女子代表を離脱し、女子EURO2022を欠場することが決定的になったと伝えている。

 大黒柱を失うこととなったスペイン女子代表。女子EURO2022では、ドイツ、デンマーク、フィンランドと対戦することになっている。
    ニュース設定