西武・中村剛也、NPB新記録の1956三振 清原超え、本塁打は現役最多446発

74

2022年07月06日 21:30  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真西武・中村剛也 (C)Kyodo News
西武・中村剛也 (C)Kyodo News
◆ 希代のスラッガーに新たな“勲章”

 西武の中村剛也内野手(38)が6日、敵地・京セラドーム大阪でのオリックス戦で、プロ野球歴代最多を更新する1956三振目を喫した。

 前夜の同戦で、清原和博氏が持つ日本記録の1955三振に並んでいた中村。この日は「5番・指名打者」で先発出場し、6回の第3打席では2戦連続安打となる左前打を放った。1点リードの7回は、二死二、三塁の好機でオリックス3番手・黒木と対戦。フルカウント後のフォークにバットが空を切り、清原氏を超える1956三振目を喫した。

 中村は大阪桐蔭高から2001年のドラフト2巡目で西武に入団。これまで現役最多の通算446本塁打を放ち、6度の本塁打王を獲得した。満塁弾も歴代最多22本を記録。希代のスラッガーに、また新たな“勲章”が加わった。

このニュースに関するつぶやき

  • 三振の多さはフルスイングの多さでもあるからな。本塁打狙いで三振も多くなってるってことだろう。だからこその現役最多本塁打でもあるってことだな・・・
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(45件)

ニュース設定