橋本環奈「毎日毎日体が痛くて」 殺し屋役でハードアクション

1

2022年07月06日 23:21  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『バイオレンスアクション』完成披露試写会に出席した橋本環奈  クランクイン!
映画『バイオレンスアクション』完成披露試写会に出席した橋本環奈  クランクイン!
 女優の橋本環奈が6日、都内で実施された主演映画『バイオレンスアクション』の完成披露試写会に浴衣姿で出席。撮影を振り返って「毎日大勢の人を殺していました(笑)」と話した。

【写真】橋本環奈ら、可憐な浴衣姿の全身ショット

 本作は、原作・沢田新、作画・浅井蓮次による同名漫画を実写映画化したアクション・エンターテインメント。ピンクのショートボブでゆるふわな雰囲気の女の子・菊野ケイ(橋本)が、日商簿記検定2級取得を目指し専門学校に通いながら、すご腕の殺し屋としてアルバイトをする日常を描く。

 この日のイベントには、橋本の他、杉野遥亮、鈴鹿央士、馬場ふみか、太田夢莉、城田優、高橋克典が出席した。

 橋本は、今シーズン初浴衣だと言い、共演者らの浴衣姿を見渡して「みなさん、すごく夏らしくて、ステキな浴衣で…はい。です!」とご満悦。「明日は七夕もありますし、季節柄、こういった衣装で登場できるのは嬉しいです」とほほ笑んだ。

 自身が演じた主人公ケイについて「戦うことなんて想像できないような、ゆるふわな女の子。どこにでもいる学生」と紹介しつつ、「本当に強くて、撮影期間中も毎日毎日大勢の人を殺していました」とニッコリ。「本当に『今日は30人』とか最初に言われる。毎日毎日体が痛くてですね、大変な中で撮影をしたのを覚えています」と苦労を振り返った。

 また「ワイヤーアクションが難しかったですね。吊られることが多くて、だんだん体が動かなくなってくると言いますか、引っ張られるんですけど、自分で飛んでいるように見せないといけない。かといって、自分でテンション(力を入れる)をかけちゃうと、回りすぎちゃって失敗しちゃったりする。そこのバランスが難しかったですね」と述べた。

 本作では、「ボリュメトリック」という最新技術を日本で初めて駆使。橋本は「360度グリーンバックの中で…、本当にグリーンバックなんですよ」と説明。「目標とするものがないので、前か後ろかよく分からなくなってきて、『何歩進む』とか、『ここで回転する』とか打ち合わせが多くて、練習も大変でした。(本来)アクションってカット割りが多いけど、(今回は)一連でずっと撮っているので、みちたかくん(城田)とのシーンだったんですけど、息を合わせるのがすごく難しかったです」語った。 

 孤高のスナイパー・だりあ役の太田は、今回が初アクション。「下手くそすぎて、城田さんにたくさんご迷惑をおかけしました。何度も練習に付き合ってくださって、その中で、飛び蹴りしてみちたかくん(城田)のお腹を蹴るところがあって、それがなかなかうまくいかなくて、何度も城田さんの息子さんが危ない状況がありました」と照れ笑い。城田は「1回危なかったね。本当に『ホ〜!』となる瞬間があった」と笑顔をみせつつ明かしていた。

 映画『バイオレンスアクション』は8月19日より全国公開。
    ニュース設定