阪神・近本がマートンに並ぶ球団記録の30試合連続安打 日本記録までM3も井端氏「ここからが長い」

1

2022年07月07日 07:00  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真阪神・近本光司 (C) Kyodo News
阪神・近本光司 (C) Kyodo News
◆ 平松氏「どんどん成長している」

 阪神の近本光司選手(27)は6日、本拠地での広島戦に「3番・中堅」で先発出場。

 4回の第2打席にセンターへの安打を放ち、連続試合安打を「30」の大台に乗せた。




 5月27日(金)のロッテ戦が最後の無安打で、翌28日(土)のロッテ戦から毎試合欠かさず安打をマークしている虎の安打製造機。

 打率は5月27日終了時点で.260だったが、7月6日終了時点では.302まで上昇。この日の一本でシーズン通算の安打数も「100」となり、リーグトップを快走している。

 なお、「30試合連続安打」は2011年のマット・マートンに並ぶ球団記録。1979年に高橋慶彦氏が打ち立てた日本記録「33試合」まであと「3」とした。



 6日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した井端弘和氏は「1カ月以上ヒットを打ち続けるというのは、やっていて充実感しかないと思う」と野手目線から解説。

 一方で、「ただ、ここからですよね。日本記録はあと3試合ですか。ここからが長いのかなと思います」とも語り、周囲の意識も高まる中で“今まで通り”に一日一善を重ねていくことの難しさを語った。

 同じく番組に出演した平松政次氏は「近本の打撃は、よく引き付けてコースに逆らわずにレフト、センター、ライトへと打ち返していく。投手からするとすごく嫌な打者ですよね。プロに入った時からそういう打者でしたけど、その中でもどんどん成長している」とコメント。

 プロ4年目にしてすでに576安打を積み上げている安打製造機は、ここからどんな実績を打ち立てていくのか。まずは日本記録への挑戦に注目だ。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』



【動画】近本がマートンに並んだ!球団タイ記録の「30試合連続安打」

このニュースに関するつぶやき

  • ぼちぼち止まるから(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定