巨大スイレンの新種、英国の植物園が発見 直径3メートルで世界最大

44

2022年07月07日 07:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真新種「Victoria boliviana」 キューガーデンズのプリンセス・オブ・ウェルス・コンサーバトリーで Credit:RBG Kew
新種「Victoria boliviana」 キューガーデンズのプリンセス・オブ・ウェルス・コンサーバトリーで Credit:RBG Kew

 英国の王立植物園キューガーデンズで、スイレン科オオオニバス属の新種が発見されました。植物園に177年前から存在していたものの、これまで別の種と思われていました。



【画像】巨大スイレンの花を見る



 新種「Victoria boliviana」は、これまで「Victoria amazonica(オオオニバス)」だと思われていました。オオオニバス属の睡蓮は「Victoria amazonica」「Victoria cruziana(パラグアイオニバス)」の2種とされてきましたが、キューガーデンズの研究者は第3の種があるのではと考えていたといいます。



 2016年にペルーのボリビアにある植物園から、第3の種と思われる種を譲り受けて、キューガーデンズでほかの既存の2種と比べて育てたところ、違いがあるとすぐに分かったとのこと。歴史資料やDNA分析などにより、第3の種が存在することが確認されました。研究論文は学会誌『Frontiers in Plant Science』に7月4日に掲載されています。なおbolivianaは、原産地であるボリビアと現地の研究パートナーにちなんで命名されたとのこと。



 100年以上ぶりの新しい巨大睡蓮の発見であり、さらにVictoria bolivianaは葉の直径が3メートル以上にもなる世界最大の睡蓮でもあります。Victoria bolivianaは1年間に多くの花を咲かせるものの、花は1つずつ順番に二晩だけ咲くそうです。


このニュースに関するつぶやき

  • 乗ってみた〜い�Ԥ��Ԥ��ʿ�������そしてこの上で寝た〜い🤭
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(23件)

前日のランキングへ

ニュース設定