エースからのダメだしに悩んだ与田祐希“璃子”は模型店へ…『量産型リコ』

0

2022年07月07日 08:01  TVerプラス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TVerプラス

乃木坂46・与田祐希が主演を務める木ドラ24『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』(テレビ東京系、毎週木曜24:30〜)の第2話が、7月7日に放送される。

本作は、巷にいるごく普通の女子である主人公・小向璃子(与田)が仕事にプライベートに自問自答しながら、「プラモデル」というホビーとの出会いを通じて大人へと組み立っていく成長記。与田のほかに、藤井夏恋、望月歩、中島歩、前田旺志郎、石川恵里加、与座よしあき、森下能幸、マギー、田中要次といった個性豊かなキャストが出演する。

前回の第1話で、同僚・浅井祐樹(前田)に「量産型」と言われた璃子は、仕事帰り模型店に入り、大量に積まれたプラモデルの中から「量産型ザク」に目を止める。店主・やっさんこと矢島一(田中)に勧められるまま初めてのプラモデル作りに挑戦し……。璃子がプラモデル作りに夢中になる姿について「ヲタク心がくすぐられる」「量産型にも個性がある」「作ってみたい」といった声がSNS上に上がっていた。

<第2話あらすじ>
イベント企画会社に勤める小向璃子(与田)。ある日、璃子が所属するイベント3部に1部から高木真司(望月)が異動してくる。

そんな中、イベント3部は重要なPRイベントの案件を担当することに。高木の言動に振り回されつつも、中野京子(藤井)と協力しながらプレゼンの企画書を作成。

しかし、1部のエース・大石亮太(中島)からダメだしをされてしまう。悩んだ璃子は矢島模型店へと向かい……。

果たして、プレゼンはうまくいくのか!?
    ニュース設定