山下智久『神の雫』約10ヵ月の撮影を経てクランクアップ! 2023年配信へ 最後は日本で撮影

0

2022年07月07日 10:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真Huluオリジナル『神の雫/Drops of God』場面写真
Huluオリジナル『神の雫/Drops of God』場面写真
 山下智久の初海外ドラマ主演作となるHuluオリジナル『神の雫/Drops of God』が、約10ヵ月に及ぶ撮影を経てクランクアップ。最後は原作の舞台でもある日本での撮影となった。

【写真】山下智久「たっぷり充電して日本で仕事再開」 休暇ショット&“ただいま”報告

 本作は、世界中で愛され、日本のワインブームにも火を付けた人気漫画『神の雫』(作・亜樹直 画・オキモト・シュウ)を実写ドラマ化。仏英日の多言語ドラマシリーズとして、グローバルテレビジョンスタジオ、レジェンダリー・テレビジョン1(米国)と独立系製作配給会社ダイナミック・テレビジョン2(米国)、フランス国営放送局グループのフランス・テレヴィジオン、そしてHulu Japanの4社で共同製作を行っている。

 今回のドラマシリーズにおいての大きな挑戦は、原作漫画で物語の中心となっている“神咲雫”という男性キャラクターが、フランス人女性・カミーユになっていること。そして主人公を山下智久が演じる聡明なワイン評論家・遠峰一青(とおみね いっせい)としている部分。

 物語は、世界的に有名なレジェ・ワインガイドの創設者/著者であり、ワイン学の権威でもあるアレクサンドル・レジェが東京の自宅で息を引き取るところからスタート。9歳の時に両親が離婚して以来、アレクサンドルに会っていなかった一人娘のカミーユ(フルール・ジェフリエ)は、彼が遺した膨大なワインコレクション<専門家いわく“世界一のワインコレクション”>を相続するためには、アレクサンドルの弟子・一青(山下)との対決に勝つことが条件だと知る。アレクサンドルの遺書には「一青は“魂の息子”」とあるが、果たしてアレクサンドルと一青の関係は…? 複雑な家族関係、相続、そしてワインへの愛が二人の若者を宿命の対決へと導いていく。

 2021年8月にフランスでクランクインし、その後、イタリア、日本などにも渡りながら約10ヵ月に及ぶ撮影を実施。コロナ禍により撮影は度々困難に見舞われ、日本への入国が難しい時期には、一部バンコクで撮影も。配信時期も当初は2022年を予定していたが、2023年に変更となった。

 それでも当初の予定通り、最後は日本で無事に撮了。山下は「約10ヶ月に及ぶ、長期の撮影を通して海外で生活をしながら現地のスタッフと仕事ができたことで、俳優としてだけでなく、人間としても成長できた作品」と語り、製作総指揮のクラウス・ジマーマンは「かなり長かったですが、充実していました」と振り返ったうえ、「チーム、役者と家族になったような気持ちです。とてもよい経験でした。唯一無二の作品になると思います」と自信を見せる。

 日本での撮影について監督のオデット・ラスキンは「日本で日本語の作品の監督をすると思っていなかったので、今回は特別でした。素晴らしかったです。短すぎました。もっと日本にいたかったです。日本文化を実際に目にして、驚きました」と感嘆の声。「日本について正しく理解できていることを願います。頑張ったので、批判しないでください。東京に来るのも日本に来るのも初めてなので(笑)」と言い、「日本の作品としても通用すると思います」と作品への手応えを語った。

 プライベートでもワインをたしなむようになったという山下は「家族の愛やワインの魅力に触れて頂ければ嬉しい」と語っている。

 Huluオリジナル『神の雫/Drops of God』は、2023年より世界同時放送&配信予定。日本では、Huluにて独占配信(全8話)。

 コメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

◆山下智久
今回、約10ヶ月に及ぶ、長期の撮影を通して海外で生活をしながら現地のスタッフと仕事ができたことで、俳優としてだけでなく、人間としても成長できた作品でした。
プライベートでも、ワインを嗜むようになり、ぜひ皆さんにもこの作品を通して、家族の愛やワインの魅力に触れて頂ければ嬉しいです!

◆クラウス・ジマーマン(製作総指揮)
フランスやイタリアで撮影してから最後に日本に来て撮影を終えたのですが、とても長かったです。充実していました。コロナ禍で来日できなかった時期も経ましたが、長期間待ってでも日本で撮影したいと思い、日本の優秀なスタッフや、たくさんの役者さんたちと作品の準備をしてきましたので、来日できてよかったです。とてもよい経験でした。唯一無二の作品になると思います。撮影を終えた今、チームや役者と家族になったような気持ちです。終えて感極まった瞬間もありました。しかし、まだ完成はしておらず、ここから長い時間をかけてポストプロダクションを行います。とても楽しみです。

◆オデット・ラスキン(監督)
これまでもあらゆる国であらゆる言語を使用する国際的な作品に携わっていましたが、日本で日本語の作品の監督をするとは思っていなかったので、今回は特別でした。素晴らしかったです。短すぎました。もっと日本にいたかったです。日本文化を実際に目にして、驚きました。
日本について正しく理解できていることを願います。全力を尽くしたので、日本の視聴者にとって非現実的だとしても、日本の作品としても通用すると思います。頑張ったので、批判しないでください。東京に来るのも日本に来るのも初めてなので(笑)。
    ニュース設定