普通預金でも高金利を提示する「あおぞら銀行」 ポイントは半年複利的な運用が可能

0

2022年07月07日 11:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真AERA 2022年7月11日号より
AERA 2022年7月11日号より
 投資信託の積み立てが注目されているが、ボーナスの預け先の候補として預金が思い浮かぶ人も少なくないだろう。大手銀行の金利は普通預金0.001%、定期預金も0.002%と低いが、知る人ぞ知る高金利預金がある。AERA 2022年7月11日号は、高金利の普通預金、期間限定の優遇金利キャンペーンを紹介する。


【いつも高金利な定期預金ベスト7はこちら】
*  *  *


 全国の定期預金金利を調査していたところ、普通預金で高金利を提示する銀行が増えていることに気づいた。


 出し入れ自由だから、急な出費に対応できるのもうれしい。特に人気なのは、「系列会社のサービス加入で金利上乗せ」といった特別な条件なしに金利0.2%(税引き前、変動)がもらえるあおぞら銀行だ。本誌編集部員が今年1月に申し込んだ際には口座開設まで約2カ月を要するほどの殺到ぶりだった(現在は約1カ月)。


「直近の月間口座開設数は開業当初比300%の伸びです。当行は法人向け取引が主で、個人向け取引は年配のお客さまが中心でした。すそ野を広げる意味で『BANK』というネット専用ブランドを19年に立ち上げ、普通預金や定期預金1年ものを年0.2%に設定しています」


 こう語るのは、あおぞら銀行の久嶋淳嗣(きゅうしまあつし)さんだ。この高金利がずっと続くか心配なので、事業形態を調べた。あおぞら銀行は新興企業や中小企業への融資が中心。貸出金で利回りを稼いでいる。やはり、薄利になりがちな住宅ローンは取り扱っていない。


「当行の貸し出し利回りが高いのはノンリコースローンを含む投資銀行業務が主力だからです。審査には高い専門性が求められ、金利も相対的に高くなります」(久嶋さん)


 ノンリコースローンは事業者向けで、返済に関する責任の範囲が限定されるのが特徴。借り手にはそこが魅力だが、貸す側にはプロの目利きが必要で、競合も限られる。だからこそ高い金利で事業者に貸せて、個人の預金金利に上乗せできる。




 普通預金の利息は半年ごとにつくので、お金を入れっぱなしなら実質的に半年複利の運用ができるのも見逃せないポイントだ。6カ月間の毎日の最終残高に対して利息が計算されるので、1千万円を入れたままなら、半年後には1001万円になり、1年後には「1001万円×0.2%÷2+1001万円=1002万10円」(いずれも税引き前/実際は半年毎の各利息から20.315%の税金が差し引かれる)。これが繰り返されると、単利で年0.2%のケースより増え方が大きくなる。しつこいようだが「日々の最終残高」に対する金利なので、頻繁にお金を出し入れすると、期待したほど利息がつかない。


 最後に期間限定の優遇金利ベスト7も紹介しよう。“見かけの高金利”は排除してある。5年もの0.35%のSBJ銀行は韓国系で、キャンペーン終了後も高め。商工中金も大盤振る舞いの0.22%を提示している。SBI証券NEOBANKイルカ支店は1カ月ものだが年利10%(!)で、月利換算でも高い。難点は、対象が狭いことだ。


 90年代末に相次いだ銀行倒産を知らない世代のために補足しよう。銀行の破綻時、預金保険で支払いが保証されるのは、預金者1人あたり・銀行1行あたり1千万円の元金と破綻日までの利息等まで。前出のSBJは外国銀行系だが、預金保険の対象なのでご安心を。(金融ジャーナリスト・大西洋平、編集部・中島晶子)


※AERA 2022年7月11日号より抜粋


>>【記事の前編はこちら】


    前日のランキングへ

    ニュース設定