町田啓太主演『テッパチ!』初回視聴率7.6%スタート

1

2022年07月07日 11:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真町田啓太 (C)ORICON NewS inc.
町田啓太 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の町田啓太が主演、佐野勇斗が共演するフジテレビ系“水10”ドラマ『テッパチ!』(毎週水曜 後10:00)の初回が6日、15分拡大で放送された。初回視聴率が翌7日に発表され、世帯7.6%、個人4.2%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】見事な腹筋!町田啓太、プールで肉体美披露

 本作は完全オリジナル企画で、陸上自衛隊を舞台に青年たちの成長と熱き思いを描いた物語。未熟な若者たちが、現実の厳しさ、夢や希望、友情や恋愛、汗と涙…など、日々壁にぶつかりながら、「誰かのために命をかけられるのか」「自分がやりたい本当のこととは…」と悩みながらも奮闘していく。また、リアリティーを追求するべく、防衛省が全面協力。町田が“やけっパチ”な自衛官候補生・国生宙、佐野が宙の自衛官候補生の仲間・馬場良成を演じている。

 第1話で、高校卒業後ひとり暮らしを始めるも、定職に就かずその日暮らしの生活を送っていた宙は、街中でのケンカで警察沙汰になり、工事現場の仕事をクビになった挙句、住んでいたアパートも家賃滞納で立ち退きを言い渡されてしまう。そんな宙に「お前にピッタリな仕事を紹介してやる!」と声をかけてきたのが、陸上自衛隊の3等陸佐で、東部方面北東京駐屯地で教育中隊長をしている八女純一(北村一輝)だった。

 最初は拒絶したものの生活もままならない状況だった宙は「訓練生でも給料が出るなら……」という中途半端な気持ちで自衛官候補生の採用試験を受け、陸上自衛隊の候補生になった。

 入隊の日、宙は、八女に出迎えられる。そのとき、宙たちの目の前を通ったのが、防衛大学校を卒業したエリート自衛官で、宙たちを指導する教官のひとり、桜間冬美2尉(白石麻衣)だった。宙は、思わず見とれてしまう。

 第一班として、宙と寮の同室になったのは、自衛隊の音楽隊に憧れており、宙とは採用試験のときに出会っていた馬場良成、ガンマニアの丸山栄一(時任勇気)、暗い過去を持つ武藤一哉(一ノ瀬颯)、元芸人だという渡辺淳史(坂口涼太郎)、小説家志望の小倉靖男(池田永吉)、父とふたりの兄も自衛官という最年少の西健太(藤岡真威人)。そしてもうひとり、宙が警察沙汰になった際のケンカ相手だった荒井竜次(佐藤寛太)もいて…。
    ニュース設定