ふぞろいパプリカ、曲がったキュウリ 猛暑を乗り越えた野菜たちを販売

0

2022年07月07日 16:30  OVO [オーヴォ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

OVO [オーヴォ]

写真でこぼこミニパプリカ(栃木県産)
でこぼこミニパプリカ(栃木県産)

 6月から続いていた猛暑の影響で形が変わり、流通できなくなった野菜の販売を、Oisix(オイシックス・ラ・大地・東京)がスタートした。形はでこぼこだけれど味わい濃厚なパプリカや、曲がりすぎたきゅうりたちだ。

 史上初の早さで明けた梅雨。6月末は各地で記録的な猛暑となり、栃木県内でパプリカを栽培している生産者のハウス内も50度を超える高温に。パプリカの果実表面から水分が抜ける蒸散量が一気に増えたため、実の表面にクレーター様のぽつぽつとした「でこぼこ」が発生してしまったという。病気やウィルスによるものではなく、ただ水分が抜けてしまっている状態で品質には全く問題がない。食感も実の締まりを保ったまま。味は余分な水分が抜け、かえって甘みとうま味が凝縮されているという。

 福島県産キュウリも、表皮が突っ張られるような状態になって大きく曲がってしまった。例年より気温が8〜10度ほど高い状態が続いたため、2倍から2.5倍ほど曲がったものが出てしまうのだそうだ。こちらは7月末から販売予定。

 猛暑で見た目に影響が出ても、実はおいしく食べられる、“猛暑に負けなかった”野菜たち。このまま数トンの食べものを捨ててしまうのはもったいない。なくなり次第終了だ。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定