林遣都 瀧本美織ら豪華出演者が日替わりで出演、朗読劇『Every Day』上演決定

0

2022年07月07日 18:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

2022年9月22日(木)〜24日(土)に東京・ニッショーホールにて朗読劇『Every Day』の上演が決定した。



音楽家・haruka nakamuraの楽曲『every day』から着想を得て、冨士原直也がソーシャル・ネットワーキングサービスのmixiで発表した短編シナリオを原作に、手塚悟が監督を務めた映画『Every Day』。今回は同作の繊細な世界を朗読劇として作り上げる。


メインキャストは9月22日(木)が「林遣都×瀧本美織」、23日(金・祝)が「相葉裕樹×北原里英」、24日(土)が「赤澤遼太郎×瑞季」という組み合わせで、各日2公演ずつ上演する。日替わりのメインキャストに加え、林和義、片山陽加の出演が決定。恋人たちのいつもと変わらぬ奇跡の1週間を言葉だけで紡ぐ。


脚本・演出は、2000年9月に「箱庭円舞曲」を旗揚げし、代表として全ての作品の脚本・演出を務める古川貴義が担当。音楽は、haruka nakamuraが映画の為に書き下ろした楽曲を、西寿菜によるピアノの生演奏でお届けする。23日(金・祝)と24日(土)の終演後に各日1回のみ開催する、メインキャスト2人によるアフタートークもお見逃しなく。


チケット一般発売日に先駆けて、7月19日(火)より公式ホームページでチケット先行予約(抽選)を行う。詳しくは公式ホームページにて。


<あらすじ>

ある月曜の朝、三井晴之が目を覚ますと交通事故で昏睡状態の恋人・辻村咲の姿がそこに。1週間だけ時間をもらったと言い、いつも通りに朝ごはんを作り、弁当を差し出 す咲。夢か現実か…晴之はまだ状況を飲み込めないまま、仕事に行き、いつもと変わらぬ日常が過ぎていく。時間は刻々と進み、とうとう7日目となる日曜日を迎えた時、咲はどうなってしまうのか?


<脚本・演出 古川貴義コメント>

あたりまえがあたりまえじゃなかったことに、人は様々な出来事から気付かされます。社会情勢や自然災害、はたまたもっと個人的な、誰かに言うほどではないけれど自分にとってはとんでもなく大きな出来事から。そんな、原作が内包する普遍的なテーマの純度を高めたい。映画化も舞台化もされているこの作品を朗読劇として立ち上げるにあたって、新しい要素を盛り込むよりも、登場人物たちの持つ優しさと、日常の儚さを丁寧に掬い取るように脚本を紡ぎ直しました。素晴らしい俳優たちの声と表情によって立ち上がるこの作品を通して、お客様の毎日が、あたりまえが、いつもより大切なものになることを願っています。


<林遣都 コメント>

どんな作品になるのか非常にワクワクしています。瀧本さんとしっかりイメージを共有し、朗読劇ならではの素敵な時間を沢山の方々と一緒に体感できたらなと思います。劇場でお待ちしています。


<瀧本美織 コメント>

朗読劇は初めての試みになります。声で紡がれる世界は、情報が少ない分感覚が研ぎ澄まされるようで好きなので、お話をいただき嬉しかったです。林遣都さんとご一緒できるということでとても心強いです。声に魂を乗せ、心を込めて演じさせていただきますので、ぜひ劇場へ物語を感じにお越しください。


<相葉裕樹 コメント>

皆様にこの作品をしっかりお届けできますよう精一杯努めたいと思います。ぜひ劇場にてお待ちしております!宜しくお願い致します。


<北原里英 コメント>

今回挑戦させていただく作品はとても繊細な物語なので、大切に大切に演じられたらと思っています。わたしは朗読劇が好きです。稽古期間の短い中だからこそ生まれる緊張感や色褪せていない新鮮さ、そして今回はピアノの生演奏も…。相葉さんとは初共演なのですが、観に来てくださる方々に物語の中でしっかりといままでの2人の関係が見えるよう、繊細に作り上げていきたいと思います。徐々に『普通』の生活に戻っていっているいま、『生』の舞台をぜひ観に来てください。


<赤澤遼太郎 コメント>

映画『Every Day』拝見させていただいた際、役者さんの自然体のお芝居や想像力を掻き立てる音楽、日常の大切さを感じる脚本や演出、様々なところに心地良さや、愛おしさを感じました。この作品が古川さんの手によって朗読劇になるのをとても楽しみにしています。本番はピアノの生演奏もあります!とても素敵な作品になると思いますので是非ご来場下さい!劇場でお待ちしております!


<瑞季 コメント>

この度、初めて朗読劇に挑戦させていただきます。初めての朗読劇で自分には勿体無いくらいの素敵な機会をいただけて、本当に光栄です。出演者の皆様、素晴らしい役者さんばかりでとてもプレッシャーも感じていますが、作品の世界観は大切に、私らしくこの役を精一杯生きたいと思っています。


    ニュース設定