夏本番も「平年を上回る」酷暑に 熱中症に警戒 「梅雨の戻り」も 1か月予報

114

2022年07月07日 18:01  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真夏本番も「平年を上回る」酷暑に 熱中症に警戒 「梅雨の戻り」も 1か月予報
夏本番も「平年を上回る」酷暑に 熱中症に警戒 「梅雨の戻り」も 1か月予報

きょう7日に発表された最新の1か月予報によると、この先1か月は全国的に気温が高い傾向です。一年のうちで最も気温が高い7月下旬から8月上旬にかけても、平年を上回る暑さが予想され、熱中症に警戒が必要です。



●この先「平年より高い気温・厳しい暑さが続く」


気象庁はきょう7日、最新の1か月予報を発表しました。それによりますと、この先1か月は全国的に気温が高い傾向です。ポイントは「平年より高い気温・厳しい暑さが続く」ということです。
北日本と東日本では、この先一週間は特に気温が高く、西日本と沖縄・奄美では今月中旬にかけて、特に気温が高くなる予想です。とりわけ、九州南部・奄美地方と沖縄地方には「高温に関する早期天候情報」が発表されています。
厳しい暑さが続くと、疲労がたまりやすく、体力が落ちてきます。日々の熱中症対策に加えて、十分な睡眠や、毎日の朝食をとって、体調を崩さないように十分気をつけてお過ごしください。


●週ごとの気温の傾向


週ごとの気温の傾向をみていきます。
1週目(7月9日〜15日)は、全国的に暖かい空気に覆われるでしょう。北日本から沖縄・奄美にかけて広く、平年より高い予想です。

2週目(7月16日〜22日)は、西日本と沖縄・奄美は、平年より高いでしょう。東日本は、平年並みか高い予想です。一方、北日本は厳しい暑さは落ち着き、平年並みとなりそうです。

3〜4週目(7月23日〜8月5日)は、東日本と西日本、沖縄・奄美は平年より高いでしょう。北日本も再び高温傾向となり、平年並みか高い予想です。一年のうちで最も気温が高い時期ですが、全国的に平年よりも気温が高い傾向が予想され、極めて厳しい暑さとなりそうです。


●7月中旬まで「梅雨の戻り」? 東北北部は下旬には梅雨明けか


この先の天候は、北日本から西日本では、今月中旬にかけて、湿った空気の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多い予想です。
今年の梅雨明けは、九州南部から東北南部まで異例の早さとなりましたが、平年では7月中旬までは梅雨の時期です。週間予報では、平年らしく曇りや雨の日が多く、いわゆる「梅雨の戻り」となりそうです。また、一回に降る雨の量が多くなる可能性があり、大雨に注意が必要です。最新の気象情報を確認するようにしてください。

今月下旬以降は、全国的に平年と同様の傾向で、北日本では天気が数日の周期で変わり、東日本、西日本、沖縄・奄美は晴れる日が多くなりそうです。梅雨明けしていない東北北部でも梅雨明けとなりそうです。
強い日差しが照りつけ、夏本番の暑さとなります。直射日光をなるべく避けて、適切に冷房を使用するなど、熱中症にならないための万全の暑さ対策が必要です。

【北日本】北海道・東北地方
【東日本】関東甲信・北陸・東海地方
【西日本】近畿・中国・四国・九州北部・九州南部地方
【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方


このニュースに関するつぶやき

  • 去年も 酷暑だった。 平年は30年の平均だから、平年気温は毎年上がっていくのね
    • イイネ!6
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(69件)

ニュース設定