「どんな時代でも金運に恵まれる人」の特徴って?

1

2022年07月07日 19:31  All About

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真どんな時代でも金運に恵まれる人の特徴とはどんなもの? お金持ちになれる人の特徴とは6つある、というのは作家・作詞家の佳川奈未(よしかわ なみ)さん。厳しい時代でも豊かに生きられる人について解説していただきました。
どんな時代でも金運に恵まれる人の特徴とはどんなもの? お金持ちになれる人の特徴とは6つある、というのは作家・作詞家の佳川奈未(よしかわ なみ)さん。厳しい時代でも豊かに生きられる人について解説していただきました。
どんな時代でも金運に恵まれる人の特徴とはどんなもの? 作家・作詞家の佳川奈未(よしかわ なみ)さんが解説します!

特徴1:『自分自身を愛し、認め、その価値をわかっている人』

お金持ちになりたい!豊さを叶えたい!という上で、まず、覚えておきたい大切なことは、「あなたの価値が換金される」ということです。

人さまや社会に自分の価値を認めてもらい、なにかしらの報酬を受け取る前に、あなたは自分の価値を自分でわかっている必要があります。というのも、自分の価値を知らずして、自分以外の人に、自分を高くかってもらえることなど、ないからです。

「自分になど、価値がない!」などと思ってはいけません。そう思うことが、貧しいことでもあるからです。あなたが自分に対して、もっと自分を豊かに認めるとき、その価値はより大きなお金と豊かさを呼ぶものとなるのです。

特徴2:『感じよく、好かれる人』

お金の単位である「円」は、人さまとの「ご縁」と密接な関係があります。いつでも、お金は人とのご縁に乗ってやってくるのです。それゆえ、人を大切にし、人に好かれる人であることが大切です。

そのためには、「感じの良い人」でいることは最低条件です。感じの悪い人と仲良くなりたい、一緒に仕事をしたいと思う人はいないからです。

ちなみに、感じの良さは、あなたの「明るさ」からやってきます! この明るさはとても重要です! 人は、暗いものより明るいものを好む生き物だからです。

特徴3:『自分を通してできることを、よろこんで、惜しみなくやる人』

巷では、「お金のためなら、なんでもやる!」などと、お金、お金と、目を血走らせている人もいるものですが、そういった人が、安定した豊かさを叶えることは難しいものです。ただ、あなたが誠実に、自分を通してできることを、よろこんで、惜しみなく、人さまや社会に提供するだけで、本当は、ふつうに豊かになれるのです。

何かを得たいというのなら、まず自分から先に、善きものを差し出すこと、与えることです。いつでも、与える人が、受け取る人となるからです。

自分を通してできることを、惜しみなく、よろこんで提供するとき、それが仕事なら報酬が与えられるのは当然で、もっといい仕事や大きなお金がやってくるようにもなり、自然にあなたは富み、お金持ちになることができるのです。

特徴4:『人さまや社会に役立つものを、惜しみなく提供できる人』

あなたを豊かにするものは、いつでも、自身のためにも、よろこびにもなるものです。かつ、それが人さまや社会のために役立つものであれば、人はお金を支払ってでも「もっと、ください」と求めてくることになります。

人さまや社会から、より多く求められることで、あなたはより多くを提供する機会をいただくことができ、ますますその対価を受け取り、お金持ちになるのです。

特徴5:『パワフルな人』

お金は、パワーのある人のところに集まる習性があります。さらにお金はパワフルな人に共鳴し、倍増していきます。ちなみにパワー(エネルギー)がないと、望みを成就することはできません。

特徴6:『お金のよさを認め、愛している人』

お金は、自分を愛してくれる人のところに押し寄せてきます。お金を愛するとは、お金の亡者になることではなく、お金を良いものだと知り、絶対に悪くいわず、その価値をわかり、大切に扱うということです。「お金という便利な道具があることで、生活できる、いまがある」と、感謝しましょう。

あなたが価値を感じ、大切にし、感謝するものは、それが「お金」であれ、なんであれ、もっとあなたの人生に押し寄せ、ますます感謝したくなる状態になるでしょう。

教えてくれたのは……佳川 奈未(よしかわ なみ)さん

作家、アーティスト。「生き方」「運」「お金」「恋愛」「成功」をテーマに多くの著書を執筆、海外でも多数翻訳出版されている。成功理論に独自の成果法やメンタルケア・メソッドを取り入れ女性向けの自己啓発の世界を展開。最新刊は6月20日発売『お金持ちが持っている富の循環☆スピリチュアル・マネー』(青春出版社)
(文:あるじゃん 編集部)

    前日のランキングへ

    ニュース設定