「ガンプラ(プラ板)買ってきました」→プレーンな板からガンダムを作り上げるモデラーがすごい

1

2022年07月07日 20:13  ねとらぼ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真プレーンな板から「水星の魔女」のキービジュアルを立体化
プレーンな板から「水星の魔女」のキービジュアルを立体化

 「ガンプラ買ってきました」と称してプラ板を購入し、まだ放送されてもいない「機動戦士ガンダム 水星の魔女」のガンダムを一から作っているモデラーが注目を集めています。



【画像】プラ板がガンダムに



 投稿主の鷹盛洸さんが“ガンプラ”を買ってきたのは、4月2日のこと。「水星の魔女」の放送が始まる10月までの完成を目指し、主人公機「ガンダム・エアリアル」の自作に着手しました。



 もちろん公式のキットも販売は予定されていますが、今のところアナウンスがあるのは144分の1スケールのみ。鷹盛洸さんはそのふたまわり上を行く、60分の1スケールで製作を始めました。



 わずかな資料をもとに素材を貼り合わせては削り出し、新情報が出ればそれに合わせて適宜修正しと、作業を続けること約3カ月。ガンダム・エアリアルは全身までおおむねできあがりました。関節はフル可動で、キービジュアルと同じひざ立ちポーズまでとれるのだから驚きです。



 「ないものは自分で作る」精神の結晶は、「ガンプラ版TOKIO」「その狂気に憧れる」「あなたがバンダイか」と話題に。「水星の魔女」放送まであと約3カ月、ガンダム・エアリアルの完成した姿が楽しみです。



画像提供:鷹盛洸さん


    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定