ドラマ「DORONJO」ヤッターマンは山崎紘菜と金子大地、ドロンボー一味キャストも発表

41

2022年07月27日 10:08  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

「タツノコプロ創立60周年記念『WOWOWオリジナルドラマ DORONJO / ドロンジョ』」追加キャスト一覧。上段左から一ノ瀬ワタル、矢本悠馬、田中俊介。下段左から金子大地、山崎紘菜。
「タツノコプロ創立60周年記念『WOWOWオリジナルドラマ DORONJO / ドロンジョ』」の追加キャストが発表された。

【大きな画像をもっと見る】

今回出演が発表されたのは5人。ドロンジョの敵役である正義の味方・ヤッターマンとなる面々として、のちにヤッターマン2号となる聖川愛花役で山崎紘菜、のちにヤッターマン1号となる高岩田ガン役で金子大地が出演する。ドロンボー一味としてドロンジョの泥棒稼業を支えることになる、ボヤッキーこと飛悟(ひゅーご)役で矢本悠馬、トンズラーこと匠苑(しょーん)役で一ノ瀬ワタルが登場。また飛悟、匠苑らとともに裏社会で生きる謎多き人物でドラマオリジナルキャラクターである瑛磨(えーす)を田中俊介が演じる。山崎らのコメントは下記に掲載した。

「WOWOWオリジナルドラマ DORONJO / ドロンジョ」はアニメ「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」のキャラクター・ドロンジョの過去を新しい視点から描くドラマ。池田エライザ演じる主人公の泥川七音が、ドロンジョとして悪に手を染めることになるまでの知られざる過去や壮絶な生き様が明かされる。ドラマは10月7日より放送・配信。なお七音のアクションシーンを収めた予告映像第2弾も公開された。

■ 山崎紘菜(聖川愛花役)コメント
日本を代表するアニメーションとして世代を超えて親しまれているヤッターマン、そして多くの人々に愛されているアイちゃんという キャラクター。出演が決まり、光栄に思うと同時に身が引き締まる思いでした。正義とは、悪とは、という問いを私達に投げかけてくるような作品ですが、アイちゃんを通して、他人を思いやること、 本当に相手の立場になって物事を捉え考える想像力とは、とても難しいものだと改めて感じました。アイちゃんは自分の正義と受け止めきれない現実の間でもがいているのですが、皆さんもどうしたら世界は良くなるのかを一緒に探していただけたらなと思います。あ、それとこの世界ではアイちゃんはボクサーです。よろしくお願いします。

■ 矢本悠馬(飛悟役)コメント
小さい頃からアニメで見ていたキャラクターを演じることができ、大変光栄でした。タツノコプロの作品は再放送やVHSで楽しく拝見していましたし、ドロンジョ一味のボヤッキーは1番好きなキャラクターだったので、撮影が始まる前からワクワクしていました。今回の作品は僕たち一味にフォーカスを当てることで今まで想像の外側にあった物語が展開していきます。ヤッターマンのファンの方は勿論、初見の方も楽しめるものになっているはずです。世の中が法律的にヴィランと呼ぶ彼らは何故ヴィランになったのか、ならなければならなかったのか。善悪とは何なのか。見て見ぬふりをしてはいけないノンフィクションがあるはずです。是非ともご鑑賞くださいませ。

■ 金子大地(高岩田ガン役)コメント
僕が演じる高岩田ガンは後のヤッターマン1号になる男です。今回オファーを頂いてとても光栄に思い、ぜひ演じてみたいと思いました。
ドロンジョにフォーカスを当てたときに、ライバルのヤッターマンはどのように見えているのかもこのドラマの見どころだと思うので楽しみにしていただきたいです。また、スタッフ・キャストの皆さんと最高のチームで撮影することができ、とにかく楽しく演じさせていただきました。ぜひ!観てください!

■ 一ノ瀬ワタル(匠苑役)コメント
日本中から愛されている「ヤッターマン」。その中のトンズラーのオファーをいただいたときはとても光栄でした。そして今回の主役はドロンジョ様。ひとりの女の子がどうしてドロンジョ様になったのか、ボヤッキー・トンズラーと出会い、どうやって「ドロンボー一味」になっていくのか、そこにはとても過酷な物語があります。撮影中、とくに池田エライザさんは大変な役作りと撮影が続いていましたが、そんな日々を共に楽しんで乗り越えていくうちに、ドロンボー一味の「絆」が出来上がっている感じがしました。そのような中で迎えたラストシーンは、皆さんの胸にも刺さると思いますので、ぜひご覧下さい!

■ 田中俊介(瑛磨役)コメント
タツノコプロ創立60周年という記念すべき作品に携わることができ大変光栄です。私が演じさせていただいた瑛磨という男はドラマオリジナルキャラクターです。"無戸籍"というキーワードを頼りに、監督、プロデューサーと話し合いを重ね、共にこの世界観を生きるキャストの皆さんと言葉を交わし触れ合いながらキャラクターを作っていきました。

存在を認めてもらえない。社会と繋がることすら許されない。そんな中、見つけた自分の居場所。そこを守る姿は野性味があって、獣のように思えました。その鋭さの中にある、あたたかさ、柔らかな一面が時折垣間見えると魅力的なキャラクターになるなと思い取り組ませていただきました。ドロンジョがドロンジョになる前のお話…。お楽しみに!

■ 「タツノコプロ創立60周年記念『WOWOWオリジナルドラマ DORONJO / ドロンジョ』」(全11話)
□ 放送情報
WOWOWプライム・WOWOW 4K:2022年10月7日(金)より毎週金曜23:00放送(第1話無料放送)

□ 配信情報
WOWOWオンデマンド:各月の初回放送終了後、同月放送分を1挙配信(無料トライアル実施中)

出演:池田エライザ、山崎紘菜、矢本悠馬、金子大地、一ノ瀬ワタル、田中俊介ほか
原作:「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」(タツノコプロ)
脚本:喜安浩平、内藤瑛亮、大塩哲史、佐東みどり
監督:内藤瑛亮、横尾初喜
音楽:有田尚史
プロデューサー:山田雅樹、小林祐介、星野恵
制作協力:dub
製作著作:WOWOW AX-ON

このニュースに関するつぶやき

  • そもそもドロンボーはヤッターマンが活動を開始する以前からあくどい商売とかやってたから(タイムボカン云々ではなく)から、ドロンボーの結成前後の話ならヤッターマンはまだ存在しない
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(28件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定