都内認可園の保育士の賃金、最低は「年間約228万円」 給与上がらず「保育の質」が低下

155

2022年08月03日 07:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真※設置主体の株は株式会社、社福は社会福祉法人、学は学校法人、有は有限会社、NPOはNPO法人。保育従事者には、保育士のほか子育て支援員、保育補助、調理員、看護師、准看護師、栄養士を含む。賃金額には賞与や処遇改善費を含み、法定福利費は含まない。園によってはその他に特別な手当がついている場合がある。職員の平均経験年数は2019年4月1日時点。法人名や園名は現在の名称。<br /><br />
        
    
        ※出所:東京都の「とうきょう子供・子育て施設ポータル」掲載の資料を基に筆者作成。<br />
        
    
        (AERA2022年8月8日号より、10位まで抜粋)
※設置主体の株は株式会社、社福は社会福祉法人、学は学校法人、有は有限会社、NPOはNPO法人。保育従事者には、保育士のほか子育て支援員、保育補助、調理員、看護師、准看護師、栄養士を含む。賃金額には賞与や処遇改善費を含み、法定福利費は含まない。園によってはその他に特別な手当がついている場合がある。職員の平均経験年数は2019年4月1日時点。法人名や園名は現在の名称。

※出所:東京都の「とうきょう子供・子育て施設ポータル」掲載の資料を基に筆者作成。
(AERA2022年8月8日号より、10位まで抜粋)
 子どもたちの命を預かる保育士。その責任に比べて給与は低水準だ。行政も対策に乗り出し、処遇改善のためにさまざまな政策を行ってきたが、保育士の賃金が上がらない。労働条件の悪さが、保育の質の低下を招いている。AERA 2022年8月8日号の記事から。


*  *  *


 待機児童問題がクローズアップされた2013年以降、最大で月に約9万3千円もの賃上げ政策が行われたが、保育士の賃金はさほど上がらない。


 都内の認可保育園で働く女性(32)は、「収入が増えても、やっと人並みです」と、諦め顔だ。処遇改善手当が月4万円つくようになったが、もとの賃金が低く年収は約360万円に留まる。そのうえ会社の方針で、保育士は最低限の人数しかいないため、長時間、過密労働が強いられる。園長が会社に人員増や賃上げを求めたが、“コストカッター”の社長に一蹴された。


「保育士はやりがいがあるけれど、とても続けられない」(女性)


 別の女性(26)は、就職説明会で「大手は安心」と感じ、入社を決めた。都内の認可保育園に配属され、新卒1年目の年収は約290万円、人員不足による負担が重く保育士がすぐ辞めるため、入社3年で「古株」と呼ばれる。現場に余裕はなく、食事介助やオムツ交換は流れ作業。子ども同士のかみつきやひっかき、ケガが絶えず、女性は「もう限界。子どもの命を預かるには条件が見合わない」と2年で退職し、現在はコンビニで働いている。


 内閣府の「教育・保育施設等における事故報告集計」によれば、認可保育園で起こった負傷や死亡事故は、15年の344件から21年に1191件へと増加。骨折が最も多く21年は937件、意識不明になる事故が8件、死亡は送迎バス内の置き去りなど2件だった。保育事故に詳しい東京きぼう法律事務所の寺町東子弁護士はこう危惧する。


「重大事故の増加は、保育の質の低下の表れ。保育士の労働条件が他職種に比べて相対的に悪ければ、職員が定着せず、質が低下するのは当然です」



 処遇改善が始まって10年。保育士は実際にどのくらいの賃金を得ているのか。東京都は独自の処遇改善である「保育士等キャリアアップ補助金」を受けた保育園に対して、園の財務情報と賃金の実績報告を求め、公開している。筆者は都内の私立認可保育園約2千カ所の19年度の賃金実績を集計し、常勤保育従事者の賃金を調べた。


都内認可園の最低賃金、
年間約228万円


 公開された月額賃金を年換算し、低い順から30園を表にまとめた。なかには、「事務処理に不手際があり、実際より低い数字になっていた。正しくは約407万円だった」(けいわ会)、「ボーナス分を入れ忘れた」(清心福祉会)、「対象でない社員を計算に入れてしまった」(ニチイ学館)など、実際には年300万〜400万円だったという記載ミスもあるが、実績報告は「相違ないことを証明いたします」として提出した書類であるため、そのまま記載する。表には園児数と保育従事者数(職員数)、職員の平均経験年数も記した。


 都内の認可保育園で最も年間賃金が低かったのが「ミアヘルサ保育園ひびき中板橋」の約228万円で、運営会社のミアヘルサは薬局や介護施設の展開を主力としている。次いで低い「中野鷺ノ宮雲母保育園」(約234万円)は、人材派遣会社のモード・プランニング・ジャパンが運営。3番目に低い「ゆめの樹保育園なりたにし」(約240万円)は社会福祉法人フィロスが運営し、理事長は名古屋市の英語教育会社の社長だ。異業種参入が目立ち、30位までの大半を株式会社が占めた。


 国と都から支払われる処遇改善手当を21年度の金額で単純計算すると、都内で働く保育士の賃金は最大で年に約565万円が公費で出ていることになる。だが、今回の調査で分かった都内全体の平均年間賃金は約406万円。運営元が社会福祉法人は約442万円、株式会社等が約363万円で、いずれも公費の額に及ばない。ただ、保育士を多く雇うと賃金が低くなる次のような事情もある。



 認可保育園には、園児の年齢ごとに保育士の最低配置基準が決められている。国の基準は0歳児が園児3人に対し保育士1人(「3対1」)、1〜2歳児は「6対1」、3歳児は「20対1」、4〜5歳児は「30対1」だ。ただ、それでは不十分だと、1園当たり全国平均で約4人を多く雇っている(内閣府調査)。一方で、人件費は保育士の最低配置基準で計算された人数分で行政から支払われるため、基準以上に手厚く保育士を置けば1人当たりの賃金が低くもなる。だが、東京都が19年度に行った監査では、違反のあった保育園の半数近くで保育士の配置が適正でなかった現状もある。(ジャーナリスト・小林美希)


※AERA 2022年8月8日号より抜粋



【おすすめ記事】【保育従事者の賃金が低かった30園・11位以下はこちら】


このニュースに関するつぶやき

  • ま、餓鬼の面倒を見たからって、自民党の金にも票にも成らんからなww…ψ(`∇´)ψ…ヶヶヶ…ウチュクシイ国ニツポン…チュバラチイ国ニツポンww…ψ(`∇´)ψ…ヶヶヶのヶ♪
    • イイネ!24
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(115件)

前日のランキングへ

ニュース設定