黒人女性死亡で元警察官らを起訴 BLM運動の象徴的犠牲者

19

2022年08月05日 03:33  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真2020年3月、米ケンタッキー州ルイビルの自宅で、捜索に来た警察官に撃たれて死亡した、ブレオナ・テイラーさん=AP
2020年3月、米ケンタッキー州ルイビルの自宅で、捜索に来た警察官に撃たれて死亡した、ブレオナ・テイラーさん=AP

 2020年3月に米ケンタッキー州ルイビル市で黒人女性(当時26)が警察官に撃たれて死亡した事件をめぐり、米司法省は4日、ルイビル市の元警察官ら4人を連邦法違反で起訴するなどした、と発表した。女性の自宅の捜索令状を取得するため、虚偽の文書を作成するなどして公民権を侵害し、死亡につながったとしている。この事件では、発砲した警察官が女性の死亡について刑事責任を問われず、波紋を広げていた。


 死亡したのは、救急救命士のブレオナ・テイラーさん。「ブラック・ライブズ・マター」の運動で象徴的になった犠牲者の一人だ。起訴を発表した4日の会見で、ガーランド司法長官は「ブレオナ・テイラーさんは今日、生きているべきだった」と述べ、虚偽文書の作成が死亡につながったと強調した。


 テイラーさんの母親は地元で会見し、「この日を、(娘の死亡から)874日間待っていた」と述べた。家族の弁護団も「今日は正義に向けた、大きな一歩だった」と声明を発表し、司法省の判断を歓迎した。


 司法省の発表などによると、現職と元職の警察官2人は、捜索令状を得るため、意図的に虚偽の文書を作成。捜索令状を行使する警察官が武装しており、危険な状況が生まれる可能性を認識していたという。また、虚偽文書の作成を隠そうと、捜査官に虚偽の説明もした。別の現職警察官も、虚偽文書作成で共謀したとして訴追された。


続きはこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 公務員の安定した人生を捨ててまで嫌いな属性の人種の人を殺したいという願望を実行できるもんなのかなあ、まず動機から理解不能だけどほんと理解に苦しむ^^;
    • イイネ!19
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(17件)

前日のランキングへ

ニュース設定