ポケモンが札幌をジャック リアルとARでモンスターと遭遇

20

2022年08月05日 13:05  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真ピカチュウのランウェーウォークが始まると、集まった親子連れがわいた=札幌市中央区の「アカプラ」
ピカチュウのランウェーウォークが始まると、集まった親子連れがわいた=札幌市中央区の「アカプラ」

 世界で10億人以上がダウンロードした人気スマートフォンゲームのイベント「ポケモンGOフェスト2022」が5日、札幌市内で始まった。ウェブサイトで3千円のチケットを購入した参加者は拡張現実(AR)の技術を使い、珍しいポケットモンスターとの遭遇を楽しんだ。


 毎夏、国内外各地で開かれるフェストは、コロナ禍ではオンライン開催が主となった。今夏からはリアル開催が本格復活し、札幌市でのイベントはドイツのベルリン、米国のシアトルに次いで3カ所目となる。日本でのリアル開催は3年ぶり。


 札幌市は、観光振興に生かそうとイベントを誘致。7日までの期間中、市内にはピカチュウとダンサーによるショーやラッピング路面電車、ポケモンをデザインした装飾などが登場し、フェストを盛り上げる。


 ポケモンGOは、2016年に開発されたスマホ向け位置情報ゲーム。現実世界にポケットモンスターが飛び出してくるような感覚が受けて、老若男女がポケモンを探して歩き回る社会現象を生んだ。


 ゲームの開発・運営を担うナイアンティックはゲームを観光振興に生かすねらいで、宮城や鳥取などの自治体とイベントの共同開催に取り組んでいる。(日浦統)


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • ピカチュウ大行進も夕方以降に成っています。危険だけは避けて欲しいです。ピカチュウが来ると心踊って我を忘れています。着ぐるみ欲しいな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定