スマホカメラを数式にかざすと解き方と解答が分かる Googleレンズの「宿題」機能に賛否、宿題の意義をあらためて問う

312

2022年08月06日 20:32  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真Googleレンズを起動し、数式にかざすと……
Googleレンズを起動し、数式にかざすと……

 Googleが提供している「Googleレンズ」アプリの「宿題」機能に、Twitterで賛否の声が上がっています。なにせ、スマホを数式にかざすだけで解法と解答を教えてくれるのだから、参考にもなるしズルにも使えてしまう。



【動画】宿題の解答が出てくる様子



 Googleレンズは、写した物を画像検索したり、文章をスキャンして翻訳したりできるカメラアプリ。単体のアプリはAndroid版のみですが、iPhoneでも「Googleアプリ」の一機能として使用できます。



 「宿題」機能は、カメラで写した問題の解き方や解説サイトを提示するもの。計算問題を取り込んだ場合は、その解答を過程まで含め、順序立てて教えてくれます。



 学校コンサルタントの深見太一さんが、この機能を娘さんから聞いて驚いたのが話題のきっかけ。「こんなことができる時代に宿題を出す意味をしっかりと捉え直したい。みなさんはどう考えますか」とTwitterで問いかけたところ、大きな反響を呼びました。



 賛意として目立つのは、「答えが出るだけでなく解き方も分かるのはすばらしい」「答えを見てから『なぜそうなるのか』を考えるのも、学習法の1つ」といった声。「任せられることはコンピューターに任せて、人間にしかできないことをがんばったほうが良いのかも」といった提案もみられます。



 その一方で、「答えを出すことが大事なのではなく、問題に取り組む姿勢や考える力を鍛えることが重要」「これで答えだけ書いても、結局実戦で困ることになる」「理解しないまま答えを出し、『ツールを使えた』だけで終わってしまう」と、安易に正解が出る点への批判も多数。



 「道具を使うか使わないかの判断まで含めて宿題とするならばあり」「楽をしたい人は丸写しできるし、理解を深めたい人は効率良く学習できる」など、どんな技術も使い方次第だとする意見もあり、議論は盛り上がりを見せています。


このニュースに関するつぶやき

  • そもそもこの手の数学問題出す教師の大半がマトモに解き方教えられていない事の方が問題だろ。
    • イイネ!31
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(220件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定