雨にブルブル震えて、何時間も鳴き続けた子猫 犬派の保護主はすっかり猫派に、ツンデレな性格にメロメロ

4

2022年08月07日 14:30  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真名前を呼ぶと「にゃ〜ん」と返事をしてくれる
名前を呼ぶと「にゃ〜ん」と返事をしてくれる

車の下にいた子猫

らんまるちゃん(3歳・メス)は、2018年6月下旬、雨の降る夜に住宅地で鳴いていた。山口県に住む佐藤さんの長女は、その日の夜7時頃、友人を連れて帰宅した。家に入る時、猫の鳴き声がするなと思ったが、さして気に留めることもなかったという。

【写真】遊んで食べた後は、丸まってスヤスヤと寝ています

しかし、猫の鳴き声は鳴り止まない。2時間近く鳴き続けていたので、長女と友人は気になって猫を探すため外に出た。声を頼りに探してみると、子猫が車の下にいた。濡れていて、怯えてブルブル震えていたそうだ。

なんとか捕まえようと思ったが、近づくと子猫は車の奥に逃げてしまった。長女は家からタオルを取ってきて、車の周りを2、30分探し、やっとの思いで保護したという。

捨てられた可能性

子猫の尻尾はちぎれて血と膿で固まっていた。22時近かったので、その日はシャンプーをして、スポイトでミルクを与えて休ませた。膝の上で撫でていたら、安心したのか眠りについたという。帰宅した佐藤さんは子猫を見て驚いたが、飼うことにしたそうだ。

翌日、動物病院で見てもらうと、特に病気もなく、ノミやダニもついていなかったので、捨て猫かもしれないと言われた。何日もさまよっていたわけではないようだ。尻尾は1カ月くらいできれいに治った。

なくてはならない存在

佐藤さんは犬派で犬も飼っているが、すっかり猫派になった。

「飼っていると情がわいてきました。猫はひとつ一つの動きが可愛いでしょ。ただ座っているだけでも可愛いし、自分でグルーミングする動きも可愛いし。すっかりハマってしまいました」

らんまるちゃんは甘えん坊でやきもち焼き。佐藤さんの足にスリスリしたり、テレビを見ていると、「構って」とチョンチョンと手で触ってくる。しかし、呼んでも知らん顔したり、短い尻尾で返事だけすることもある。ツンデレのらんまるちゃんに今ではメロメロという佐藤さん。猫は「なくてはならない存在。宝物」なんだと言う。

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 飼い主さんもニャンコのツンデレに取り込まれたんたんだねww
    • イイネ!16
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定