59歳男性。70歳になるまでは、会社員として働きたい。年金カットされない収入はいくら?

1

2022年08月07日 21:21  All About

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真難しい年金制度に対する疑問に専門家がお答えします。今回は、70歳になるまで会社員として働いた場合、年金を減らされない収入がいくらなのかについて、お教えします。
難しい年金制度に対する疑問に専門家がお答えします。今回は、70歳になるまで会社員として働いた場合、年金を減らされない収入がいくらなのかについて、お教えします。
難しい年金制度に対する疑問に専門家がお答えします。今回は、70歳になるまで会社員として働いた場合、年金を減らされない収入がいくらなのかについて、お教えします。

Q:70歳になるまでは会社員として働こうと思います。年金を減らされない収入はいくら?

「60歳以降、70歳になるまでは、会社員として働こうと思います。働きながら年金をもらう場合、収入が高すぎると、年金を減らされると聞きました。年金がカットされない収入について教えてください」(会社員・59歳・男性)

A:老齢厚生年金の月額と給与収入等の合計が47万円以下であればカットされません

60歳以降70歳になるまで会社員として働き、厚生年金に加入した場合、給与収入等(総報酬月額相当額)と老齢厚生年金の月額(基本月額)を足した金額が一定額(47万円)を超えると、老齢厚生年金額が一部、または全部支給停止になります。これを「在職老齢年金」といいます。

老齢厚生年金の月額(基本月額)と月の給与収入等(総報酬月額相当額)を合わせて47万円以下におさめれば、老齢厚生年金は全額支給されます。

もし老齢厚生年金の月額(基本月額)と給与収入等(総報酬月額相当額)が47万円を超える場合、老齢厚生年金の支給停止額は以下の計算式となります。

【計算式】支給停止額=(総報酬月額相当額+基本月額−47万円)×1/2×12

もし相談者が70歳になるまで働き続けた場合、上記の在職老齢年金に当てはまる可能性があります。したがって、おおよその目安として、毎月の老齢基礎年金を除いた老齢厚生年金額+給与収入が47万円以下であれば年金はカットされません。47万円を超えた場合は、老齢厚生年金が少なくなりますが、65歳以降の老齢基礎年金は減額されません。

定年退職の年齢が引き上げられ、高齢者も働きやすい環境が整いつつあります。体調管理に気を付けて、健康で少しでも長く働くことができれば、精神的・経済的にも豊かな老後を過ごすことができるでしょう。

監修・文/深川 弘恵(ファイナンシャルプランナー)

都市銀行や保険会社、保険代理店での業務経験を通じて、CFP、証券外務員の資格を取得。相談業務やマネーセミナーの講師、資格本の編集等に従事。日本FP協会の埼玉支部においてFP活動を行っている。
(文:All About 編集部)

    前日のランキングへ

    ニュース設定