広島、秋山日米1500安打達成&西川復帰弾も…逆転負けで再び借金6、森浦3敗目

5

2022年08月07日 22:44  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ベンチから戦況を見つめる広島・佐々岡監督 (C)Kyodo News
ベンチから戦況を見つめる広島・佐々岡監督 (C)Kyodo News
● 広島 5 − 7 阪神 ○
<18回戦・マツダスタジアム>

 広島は3点リードを守れず逆転負け。3カード連続の負け越しで、借金は再び今季ワーストの「6」となった。

 広島は2−2で迎えた3回、3番・秋山が移籍後ホーム初アーチとなる4号ソロを左翼席へ運び逆転。さらに二死後、今度は6番・西川が復帰後初アーチとなる6号ソロを左翼席上段へ運びリードを広げた。4回は二死から、1番・野間が安打と盗塁でチャンスメイク。続く菊池涼の左前適時打で3点リードとした。

 先発の遠藤は2回表に2点を先制されるも、その裏の打席で、自ら同点となる2点適時打を中前へ運んだ。しかし、肝心のピッチングでは勝利投手の権利がかかった5回、二死から6番・ロドリゲスに中越え2ラン、続くロハスには同点となる右越えソロを浴び、痛恨の2者連続被弾。5回途中11安打5失点でノックアウトされた。

 打線は同点で迎えた7回裏、先頭の秋山が右中間フェンス直撃の二塁打でチャンスメイク。新背番号9はこの一打で、節目の日米通算1500安打を達成した。そのあと一死一、二塁となり、西川が二遊間へ鋭いゴロを放つも、阪神の二塁・糸原の好プレーに阻まれ二塁封殺。続く小園は二直に倒れ勝ち越しの一打は生まれなかった。

 直後の8回表、5番手の森浦が捕まり2失点。これが決勝点となり、森浦は今季3敗目(1勝)を喫した。

このニュースに関するつぶやき

  • セリーグは恥やと思う。メジャーで2年間本塁打0の奴にぼかすか打たれて。真剣にやれよ!
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定