『オールドルーキー』第7話、福山翔大、野波麻帆が出演 ドラマ初出演の池端杏慈を抜てき

1

2022年08月08日 01:11  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真日曜劇場『オールドルーキー』第7話に出演する(左から)野波麻帆、福山翔大、池端杏慈 (C)TBS
日曜劇場『オールドルーキー』第7話に出演する(左から)野波麻帆、福山翔大、池端杏慈 (C)TBS
 俳優の綾野剛が主演する日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系/毎週日曜21時)の第7話(8月14日放送)に、俳優の福山翔大と女優の野波麻帆、新星・池端杏慈がゲスト出演。福山はパラリンピック日本代表候補の車いすテニス選手、池端は車いすの謎の少女、野波は少女の母を演じる。

【写真】『オールドルーキー』第7話にゲスト出演する福山翔大、池端杏慈、野波麻帆

 本作は、サッカー以外のスキルや経験が何もない、どん底に追い込まれた37歳の主人公・新町亮太郎(綾野)が、一生懸命に新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために奮闘する家族再生の物語。福田靖が脚本を担当する、完全オリジナルストーリーだ。

 8月14日放送の第7話では、「ビクトリー」として初の試みであるパラアスリートのマネージメントに挑戦する姿が描かれる。その7話で、2024年パリパラリンピック日本代表候補の車いすテニス選手・吉木修二役を福山翔大、そして、車いすの謎の少女・近藤桜役を池端杏慈、その母・百合子役を野波麻帆が演じる。

 福山が本作で演じるのは、車いすテニス選手・吉木修二。世界を転戦するためには所属している会社からの援助だけでは足りず、スポンサーを探してほしいと「ビクトリー」にマネージメントを依頼してくる。今まで「ビクトリー」にパラアスリートが所属したことはないが、梅屋敷(増田貴久)が驚異的な熱量と粘りで高柳(反町隆史)にプレゼン。「ビクトリー」に所属させることができた。新町、塔子(芳根京子)と共にスポンサー探しに奔走するが、一筋縄ではいかずに難航…。果たして吉木のマネージメントを成功させることができるのか? そして、梅屋敷のその情熱の理由とは・・? 吉木のマネージメントを通して梅屋敷の新たな一面が描かれる。

 謎の車いすの少女・近藤桜を演じる池端は、昨年行われた「第25回ニコラモデルオーディション」のグランプリに輝き、専属モデルとしてデビューしたばかり。そんなネクストブレイク必至の池端が大抜てきされ、ドラマ初出演にして日曜劇場出演となった。野波は桜の母・百合子を演じる。

 桜は病気のため車いす生活を余儀なくされ、そのせいで学校にあまり行きたがらなくなってしまっていた。そしてひょんなことがきっかけで吉木の車いすテニスを見ることに。吉木の迫力あるプレー姿は2人にどのような影響を与えるのだろうか?

 福山は「毎週放送を楽しみにしている作品でしたし、出演が決まった時は素直にうれしかったです」と喜びの声を。「車いすテニスといえば、東京パラリンピックでの国枝慎吾選手の試合にとても興奮したことを今でも憶えています。一から全力で挑みたいと思いました。事務所の先輩でもある綾野さんから、クランクイン前に激励のお言葉をいただき、身の引き締まる思いです!」と語る。

 野波は「20年ぶりにご一緒する監督やドラマチームのみなさんと再び良い現場の空気が吸えるんだと思うと胸が高鳴りました! 車いすテニスという身近ではなかった世界を知り、役と共に成長出来たらと思います」と意気込みを。

 池端は「(出演が決まって)びっくりしすぎて実感が湧きませんでしたが、すごくうれしかったです! 演技をするのもドラマに出るのも初めてで不安もありましたが、出演者、スタッフの皆さんが優しく接してくださったので安心しました! ドラマ初挑戦、一生懸命演じさせていただきました。私が演じる桜の感情の移り変わりに注目してほしいです!」とコメントしている。

 日曜劇場『オールドルーキー』は、TBS系にて毎週日曜21時放送。
    ニュース設定