地下鉄はドーンと1本「なんてシンプルなんだ」 フィンランドの合理性と生きやすさとは

10

2022年08月08日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真ヘルシンキ市内にレストランをオープンさせた吉田さん(左)。「それぞれの生き方が肯定されていて生きやすい国」だという(photo 吉田さん提供)
ヘルシンキ市内にレストランをオープンさせた吉田さん(左)。「それぞれの生き方が肯定されていて生きやすい国」だという(photo 吉田さん提供)
 人口551万の国家だが、世界幸福度ランキングは1位。フィンランドとはどんな国なのか。「機会の平等」と「国家への信頼」から読み解く。AERA2022年8月8日号から。


【データ】フィンランドってどんな国?幸福度やジェンダー平等、高齢化率などを日本と比較!
*  *  *


「森に行って、さらさらのとても上質な水のきれいな湖で泳ぎ、美味しいきのこを見つけて、そのきのこで作ったリゾットを食べた。自然がそばにあって、日々がとても優しい」


 自身のツイッターにそう書きこんだのは、東京都出身の吉田みのりさん(38)。2014年3月からヘルシンキで暮らし、18年3月、フィンランド人の夫(29)と結婚。昨夏、ヘルシンキ市内にレストラン「Sake Bar & Izakaya」をオープンさせた。


 移住したのは、フィンランド航空などで働くうちに、現地の暮らしに魅了されたためだ。誰もが英語をはじめいくつかの外国語を話し、文化や映画に精通する教養の高さに惹かれた。移住後は、何より「生きやすさ」を感じているという。


「結婚や出産が絶対に踏むべき人生の通過儀礼ではないので、結婚はまだか、子どもはまだか、と言われることが一切ない」


■個性を尊重する文化


 最近、夫の姉が彼女と結婚した。ダブルワイフ、ダブルマザーも珍しい存在ではないという。吉田さんはこう話す。


「人口が少ない分、ひとりひとりの個性を尊重し、大切にしている。相手の価値観に立ち入らない文化がこの国にはある」


 国連の関連団体による世界幸福度ランキングで1位(22年)になっていることもうなずけるという。


 いま、首相として国の先頭に立つのは、19年12月に選出されたサンナ・マリン氏(36)だ。両親が離婚後、母親と同性パートナーに育てられ、4歳の女の子の子育て中。ロックフェスにショートパンツ姿で現れるなど、経歴に加えて、その立ち居振る舞いも身近な存在であり、支持率は圧倒的だ。


 だが、フィンランドでは1990年代初めのソ連崩壊以降、失業率は現在も非常に高い。最近では高齢化も進み、高齢者の孤独死もよくニュースになる。明るい話題ばかりではないのが現状だ。




 約20年前から、フィンランド南西部でフィールドワークを続ける千葉大学の高橋絵里香准教授(文化人類学)は、


「最近、北欧的平等主義が難しくなりつつある」


 と指摘する。特に福祉の面で顕著だという。


「理由のひとつは、介護ビジネスの国際的な企業が進出していること。その結果、所得の差や地域によって受けられるサービスの質に違いが出ている」(高橋准教授)


 昨年、社会医療制度改革が議会を通過した。社会福祉と医療制度を統一し、自治体よりも大きな枠組みでサービスを提供し、標準化するねらいだ。


■税金は暮らしに還元


 国全体で施設ケアから在宅ケアに重心を移す計画も進む。すでに多くの施設が閉鎖されてきたが、代替先であるはずの訪問介護サービスは、人手不足が深刻で、加速する高齢化に追い付いていないという。在宅ケアを行う介護者への保障制度も整備されつつあるが、まだ十分とはいえないのが現状だ。


 増大する社会保障費を支えているのは、高い税金だ。日本の消費税にあたる税金は24%。書籍にも10%の税金がかかり、所得税も高い。油田などの天然資源がない国なので、ガソリンなどの燃料も軒並み高額だ。


「でも、高速代は無料だし、税金は暮らしに還元されているという実感がある。給与水準も高く、生活が守られている。不満はないです」


 そう話すのは、関西出身の山田雄人さん(仮名)。大阪に留学中だったフィンランド人の妻と出会い、結婚した。別居婚を経て16年1月、ヘルシンキに移り住んだ。同居する場所としてフィンランドを選んだ理由は、日本での山田さんの長時間労働を目の当たりにした妻の希望だ。


 山田さんは、移住前に遊びに来た時、地下鉄の路線図を見て驚いたという。


「ドーンと1本だけ。なんてシンプルなんだと思いました(笑)。すべてにおいて合理的でわかりやすい国。余暇もきちんと取れる。ここなら暮らせる、と感じた」


(編集部・古田真梨子)

※AERA 2022年8月8日号より抜粋


このニュースに関するつぶやき

  • 国の規模と人口と地域性を無視した話
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定