「国への信頼感」ってなんだ? フィンランドに根付く“機会の平等”と課題とは

10

2022年08月08日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真天然資源がないフィンランドには「木と人の頭しかない」ということわざがある。教育の重要性が浸透している(photo アフロ)
天然資源がないフィンランドには「木と人の頭しかない」ということわざがある。教育の重要性が浸透している(photo アフロ)
 世界幸福度ランキングは1位のフィンランドは、個性を尊重し相手の価値観に立ち入らない文化が生きやすいとも言われている。社会保障制度はどうなっているのか。AERA2022年8月8日号から。


【データ】フィンランドってどんな国?幸福度やジェンダー平等、高齢化率などを日本と比較!
*  *  *


 フィンランドを語る時、欠かせないのは教育だ。小中学校の義務教育は、給食や鉛筆1本に至るまで完全無償だ。高等教育も授業料は無料。塾に通わなければならないような受験競争もない。


「ただ、習い事はとても高額。部活動がないので、趣味をするとなると何かしらのサービスを使うしかないが、人件費が高いから月謝が高い。趣味ができない子どもがいる」


 ヘルシンキから西に45キロの町シウンティオでリロケーション会社を経営する三橋メリオルト智美さんはそう話す。北海道出身で、フィンランド人の夫と結婚した。2人の息子はそろってサッカーに熱中し、次男はプロのサッカー選手になった。子どもたちの夢を応援してきたが、サッカーのコーチ料などは決して安くはなかったという。それでも三橋さんはこう考える。


「どの子も趣味ができる機会を与えようという議論がある。常に『機会の平等』が価値観のベースにあり、子育てしやすく、暮らしやすい」


 フィンランドの教育事情に詳しい津田塾大学の渡邊あや教授(比較教育学)は、


「平等性は北欧諸国の共通の価値観。特にフィンランドでは、機会均等の重要性を社会全体が信じている。社会的な価値として受け入れ、政治レベルで落とし込んでいく国民的合意が取れている」


 と評価する。だが、歴史を振り返れば、「平等」主義に揺らぎが生じたこともあったという。


「90年代には経済界を中心に平等志向に対する批判が起こりました。これからの時代は、トップ層の才能を伸ばす教育が必要だとされたのです」(渡邊教授)


 だが、経済協力開発機構(OECD)が実施する学習到達度調査(PISA)で、フィンランドは初調査となった00年に読解力1位、数学4位、科学3位に。この結果に一番驚いたのは、フィンランド人だった。現状の平等に基づく教育環境が肯定され、改革派の声が沈静化されたという。



「日本では格差に対するあきらめの広がりが指摘される中、平等を優先してきたフィンランドはひとつのモデルになる」(同)


 30年以上、フィンランドで暮らす通訳の下村有子さんはこう話す。


「子どもたちが多様化し、クラス運営が難しいケースが増えているなど、教育面で課題がないわけではない。けれど、多くの人が国を信頼している」



■「ミソジニー」ある


「国への信頼感がある」。今回の取材でよく耳にした言葉だ。そう言えるのは、ジェンダー平等で世界2位、達成率86.0%(22年)であることも一因だろう。


 一方の日本は116位で達成率65.0%(同)。こうした調査結果を受けて毎回暗い報道ばかりが目につくのとは対照的だ。


 マリン首相はフィンランドという国の象徴なのか。約20年前から、フィンランド南西部でフィールドワークを続ける千葉大学の高橋絵里香准教授(文化人類学)はこう言う。


「トップダウンで政策を実行していく、ある意味で、フィンランドらしい政治家です。それなのに、批判される時は『話を聞かない』と言われる。男性であれば政治家として望ましい資質とされてきたのに。政治の場にまだミソジニー(女性嫌悪)が残っているのです」


フィンランドにも、まだミソジニーがある。それは、理想郷にまだまだ伸びしろがあるということかもしれない。(編集部・古田真梨子)

※AERA 2022年8月8日号より抜粋


このニュースに関するつぶやき

  • お左翼様が大好きなフィンランドですが、詰め込み教育の弊害で落ちこぼれと校内暴力の拡大に頭を痛めているのはスルー?そういや国際学力テストでも不正集計していましたねぇw
    • イイネ!7
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(8件)

前日のランキングへ

ニュース設定