「マックマフィン」を未申告の乗客に約25万円の罰金 オーストラリア当局

7

2022年08月08日 08:01  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

オーストラリア農業・水資源・環境省は、インドネシアのバリ島からダーウィンに航空便で到着した乗客が、未申告のマックマフィンを国内に持ち込もうとしたとしたとして、2,664豪ドル(約249,000円)の罰金を科したと発表した。

探知犬が乗客のバックパックに反応したことからさらに検査を行ったところ、バリ島で購入さらたマクドナルドの卵とビーフソーセージのマックマフィン2個、ハムクロワッサンを含む牛肉や豚肉製品が見つかったとしている。これらは欧州され、口蹄疫の検査を行った後に廃棄される。

マレー・ワット農水相は、「この乗客が食べるマックでの食事は最も高価なものになるだろう。この罰金はバリへの航空券の2倍の値段だが、オーストラリアの厳しいバイオセキュリティ対策に背くことを選択した人々に同情しない」と述べた。この探知犬は、新たなバイオセキュリティ対策の一環として、ダーウィン空港に配置されていた。

このニュースに関するつぶやき

  • ってか不味いだろ。 いろんな意味で。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

前日のランキングへ

ニュース設定