『競争の番人』第5話 公取委・ダイロクと検察が対立 検察と繋がる内通者の存在も浮上

0

2022年08月08日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真月9ドラマ『競争の番人』第5話より (C)フジテレビ
月9ドラマ『競争の番人』第5話より (C)フジテレビ
 坂口健太郎と杏がダブル主演する月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第5話が8日の今夜放送される。

【写真】検事を父に持つダイロクの六角洸介(加藤清史郎) 『競争の番人』第5話場面カット

■第5話あらすじ

 『アレス電機』の下請けいじめを調査する小勝負勉(坂口)、白熊楓(杏)たちダイロクは、下請け会社をまとめていた丸川俊春(吉沢悠)の協力を得る事に成功。各社の証言も得たため、いよいよ『アレス電機』への検査が行われようとした時、ダイロクに六角洸介(加藤清史郎)の父親で検事の敦夫(羽場裕一)と駒場直樹(小松和重)が現れて検査に待ったをかけた。下請けいじめの重要人物にもなっている柴野竜平(岡田義徳)に横領の疑いがあるため、検察の捜査を優先させて欲しいと言うのだ。

 敦夫の言うことを聞くしかないと半ばあきらめ気味の風見慎一(大倉孝二)だが、本庄聡子(寺島しのぶ)は検察の捜査の邪魔はしないと主張し、敦夫からの申し出を断わるのだった。

 数日後、ダイロクは『アレス電機』へ立入検査に出向く。しかし、風見が社員たちに検査の趣旨を説明しようとしたところに検察が踏み込んで来て、資料などを差し押さえてしまう。検察は下請けいじめ調査に必要な資料は渡すと約束したのだが、送られた留置資料はわずかなもの。

 すぐに資料の調査は終わるのだが、小勝負は留置品にあった雑誌に興味を引かれている様子。そんな中、極秘なはずの立ち入り検査の情報が、なぜ検察に情報が漏れていたのかを桃園千代子(小池栄子)が疑い始める。

 そんな中、『アレス電機』が新たに下請け30社に発注書を出した。スケジュールも厳しく、単価もさらに下げられている。白熊は公取に協力した報復を疑った。ダイロクメンバーたちは下請け業社が受注しないよう願うのだが、すでに丸川は引き受けていた。

 ドラマ『競争の番人』はフジテレビ系にて毎週月曜21時放送。
    ニュース設定