『テツぼん』に込めた1番の思い 原作者・高橋遠州「鉄道から与えられる勇気を伝えたい」

1

2022年08月08日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真崖沿いにある飯田線の田本駅は秘境駅として知られる/長野県泰阜村
崖沿いにある飯田線の田本駅は秘境駅として知られる/長野県泰阜村
 鉄道に魅せられるきっかけは、人それぞれだ。漫画『テツぼん』原作者・高橋遠州さんの場合は何だったのか。そして、作品に込めた思いとは。AERA 2022年8月8日号で、高橋さんが語ってくれた。


【画像】『テツぼん』の主人公・仙露鉄男はこちら
*  *  *


 私が原作を担当する『テツぼん』(ビッグコミックオリジナル)は、疎遠だった国会議員の父親が亡くなり、選挙に担ぎ出されて衆院議員に当選した28歳(初登場時)の鉄道オタク・仙露鉄男が主人公。鉄道の知識と知恵でさまざまな課題解決に取り組む物語です。


 2008年に連載を始めて14年が経ちましたが、ネタは尽きないです。よく、主人公の提言や取り組みがユニークだと言っていただけます。実際にどこかの地方であったケースをアレンジしたり、鉄道マニアの間ではよく知られているけれど一般的には知られていない知識を持ち込んだり。鉄道と政治を結びつけると、書くことはいくらでもあります。


 私自身も子どものころから大の鉄道好きでした。浜松出身で、家のすぐ近くを東海道線が走っていた。それを眺めて喜んでいました。小学生のころに開通した東海道新幹線も憧れの存在でした。高校卒業後に東京に出てきて、アルバイトである程度自由に使えるお金ができるようになると、実際にいろいろな鉄道に乗るように。一時は全国の路線を端から端まで乗りつくす「完全乗車」をめざしたこともありました。完全乗車は結局挫折しましたが、今も「乗り鉄」、特に車窓からの景色が好きな「車窓鉄」です。やっぱり鉄道の車窓って車とはまったく違うし、ローカル線に乗ると懐かしい昭和の景色も眺められます。映像を見ているようで楽しいですね。


 好きな路線はいくつもありますが、中でもJR飯田線(豊橋−辰野)はよく乗っています。自宅が浜松で比較的近いので、青春18きっぷを使って乗るんです。秘境路線として有名で、よくこんなところに駅があるなと驚くほど。




 去年、取材で訪れた三陸鉄道も印象的でした。東日本大震災の被害を大きく受けた路線で、駅も線路も新しい。作り替えられた新しい駅や設備を見たことで、震災の苛烈(かれつ)さを改めて実感しました。大震災は私も伝えるのがつらくて、ようやく、震災から10年経った昨年福島を、そして今年岩手を作品化させていただきました。


 鉄道マニアとしてではなくて実際にそこで暮らす人から見た、鉄道を失うしんどさや、移動手段を超えた意味、鉄道が走ることで与えられる勇気みたいなものは、今後も作品の中で伝えていければと思っています。


『テツぼん』に込めている一番の思いも、まさにそこなんです。鉄道はマニアのためではなくて、そこに住んでいる利用者のためにある。そのことは忘れずにいたいですね。


(構成/編集部・川口穣)

※AERA 2022年8月8日号


このニュースに関するつぶやき

  • 1回だけ読んだ。父の故郷が舞台で、「〇園」が地元民のセリフだと「〇ぞん」とルビつきでリアルだった。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定