「ルパン三世」次元大介の初代声優・小林清志さんが89歳で逝去 二代目継いだ大塚明夫「やがて次の世代に繋げていく所存」

7

2022年08月08日 18:22  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真小林清志さん(画像は東京俳優生活協同組合公式サイトから)
小林清志さん(画像は東京俳優生活協同組合公式サイトから)

 アニメ「ルパン三世」の次元大介の声などで知られる、俳優にして声優の小林清志さんが7月30日7時6分、肺炎で亡くなりました。享年89歳でした。





 所属する俳協(東京俳優生活協同組合)が8月8日に公式サイトで発表した訃報によると、葬儀は近親者ですでに済ませており、後日、お別れの会を開催するとのことです。



 小林さんは俳協の創立メンバーの1人であり、声優としては次元の他、「妖怪人間ベム」のベム、「巨人の星」のアームストロング・オズマ、「スペースコブラ」のクリスタルボーイ、「ジョジョの奇妙な冒険」のモハメド・アヴドゥルなどを担当。また、洋画ではジェームズ・コバーンやリー・マーヴィンらの吹き替えを務めていました。



 「ルパン三世」では、1971年に放送開始したアニメシリーズから50年間、次元の声優を務めてきた小林さん。意図的にキャストを全員交代した「ルパン三世 風魔一族の陰謀」を除き、アニメシリーズへとつながるパイロット版から参加しつづけてきましたが、2021年9月には高齢を理由に次元役を降板し、大塚明夫さんへとキャスト交代することを発表。



 小林さんは勇退発表に際し、「我儘を言えば 90 歳までやっていたかったが残念。何とかかじりついていたかったが 無理だった」「ルパン。俺はそろそろずらかるぜ。あばよ」というコメントを残していました。小林さんは、2021年10月から放送された「ルパン三世 PART6」のプロローグとなる「EPISODE 0 −時代−」で最後の次元を演じています。



 小林さんの訃報を受けて、アニメ「ルパン三世」公式Twitterは、同作の現キャストによる追悼コメントを発表。



 ルパン役・栗田貫一さんが「次元として、いつもフォローしていただきルパンでいる事ができました。感謝しかありません」、大塚さんが「清志さんが50年かけて育てた次元大介 大切に守り、やがて次の世代に繋げていく所存です」「ヒヨッコが大任を果たせるのかさぞ不安だとは思いますがどうかごゆっくりおやすみください。でも時々はチェックしに来てくださいね!」と故人への思いを語った他、石川五ェ門役・浪川大輔さん、峰不二子役・沢城みゆきさん、銭形警部役・山寺宏一さんもコメントを寄せています。


このニュースに関するつぶやき

  • 偉大な先人から血と声を受け継いできた大塚さんなら、きっと次の世代にも声を残してくれるはず。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定