「100%会う気がない」「振られてる」 ハロプロ・CHICA#TETSU新曲「待ち合わせはJR梅田駅で」タイトル発表で憶測飛び交う

72

2022年08月08日 18:30  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真「100%会う気がない」「振られてる」 ハロプロ・CHICA#TETSU新曲「待ち合わせはJR梅田駅で」タイトル発表で憶測飛び交う
「100%会う気がない」「振られてる」 ハロプロ・CHICA#TETSU新曲「待ち合わせはJR梅田駅で」タイトル発表で憶測飛び交う

ハロー!プロジェクトの12人組グループ・BEYOOOOONDS (ビヨーンズ)が2022年9月28日にニューアルバム「BEYOOOOO2NDS(ビヨーンズセカンド)」をリリースする。

8月7日にメジャーデビュー3周年を迎え、4月25日は単独では初となる日本武道館公演も成功させたBEYOOOOONDS。勢いが止まらない彼女たちの約2年10か月ぶりのニューアルバム発売は注目を集めた。

そんなアルバムのリリースが発表された8月7日、ツイッター上ではある収録曲が特に話題となった。それが、グループ内ユニット・CHICA#TETSU(一岡伶奈さん、島倉りかさん、西田汐里さん、江口紗耶さん)の楽曲「待ち合わせはJR梅田駅で」(作詞:児玉雨子・作編曲:星部ショウ)だ。

阪急サン広場の「梅田」モニュメント(画像は写真ACより)
阪急サン広場の「梅田」モニュメント(画像は写真ACより)

8月7日午後にはツイッターで「JR梅田駅」がトレンド入りするほど、大変な話題に。

なぜ、こんなに盛り上がっているの? 気になって、ツイッターユーザーたちの反応を見てみると......。

「待ち合わせはJR梅田駅か...一生会えない切ない曲になるのか...?」
「『待ち合わせはJR梅田駅で』は会えない2人を歌った曲だと思われる」
「待ち合わせはJR梅田駅とか電話持ってなかったら一生会えないからな」
「JR梅田駅おもろすぎる 絶対一生会えないやつやん」

「会う気がない」の声も

楽曲内容についての呟きが出ているが、まだ「待ち合わせはJR梅田駅で」の歌詞は発表されていない。まだタイトルしかわかっていないのにどうして......。

梅田という場所になじみがない人には、ピンとこないかもしれないので、この複雑怪奇な地域についておさらいしてみよう。

大阪メトロ御堂筋線の梅田駅(写真ACより)
大阪メトロ御堂筋線の梅田駅(写真ACより)

大阪には「キタ」と「ミナミ」という2つの大きな繁華街がある。梅田はそのうち「キタ」の中心地だ。

このエリアにはJR・阪神電車・阪急電鉄・大阪メトロのいくつもの駅が集まり、それぞれが「ディアモール大阪」「阪急三番街」「ホワイティうめだ」など複数の地下街で結ばれている。その極めて複雑な構造の中では地元・大阪民でも迷子になるとも言われ、「梅田ダンジョン」と呼ばれることも。

梅田と同じく「ダンジョン」と称される駅は東京の新宿駅や渋谷駅、愛知の名古屋駅などほかにもある。例えば「JR新宿駅で待ち合わせ」だったら、「想い合う2人が約束したものの、新宿駅のどこに行けば分からず中々会えない」なんてストーリーが予想できるが......「JR梅田駅で待ち合わせ」の場合、そうもいかない。

何故か。このエリアに存在している駅を列挙してみれば一目瞭然だ。

・大阪梅田駅(阪神電車・阪急電鉄)
・梅田駅(大阪メトロ御堂筋線)
・西梅田駅(大阪メトロ四つ橋線)
・東梅田駅(大阪メトロ谷町線)
・大阪駅(JR)
・北新地駅(JR)

「JR梅田駅」という場所は、存在していないのだ。この事実を理解しているツイッターユーザーからは、「ある解釈」が述べられている。

「『JR梅田駅で待ちあわせね』って言われたら、それは100%会う気がないなって受け取れるよな」
「『待ち合わせはJR梅田駅で』これどっちかが大阪の人間なら、そいつは会う気がないね。振られてるのよ」
「『待ち合わせはJR梅田駅で』はなかなか会えないどころか会う気がないのよ」

実は過去に存在していた「JR梅田駅」

「待ち合わせはJR梅田駅で」――存在しない場所での待ち合わせは遠回しに「会いたくない」「会う気がない」という思いの表明であるとも考えられる。こうなると全然切なくない(ややこしい場所で待ち合わせようって言うのも、会う気があるのか疑わしいけど......)。

ただ、ツイッター上ではJR梅田駅についてこんな声も。

「幻の駅なんかじゃないからね、10年前まであったからね、JR梅田駅」
「JR梅田駅だったら貨物駅だ」
梅田貨物駅(継之助さん撮影、Wikipedia Commonsより)
梅田貨物駅(継之助さん撮影、Wikipedia Commonsより)

JR貨物の梅田駅(通称:梅田貨物駅)は1928年に開業し、2013年に廃止されるまで東海道線の一大物流拠点だった。JR大阪駅の北側にあり、近年は「うめきた」エリアとして再開発が進められている。23年春にはJRの「うめきた(大阪)地下駅」が開業予定だ(大阪駅の一部として)。

こうした歴史も踏まえると「JR梅田駅で待ち合わせ」と言われたら梅田貨物駅があった場所に行く、という選択肢も出てくるのかもしれない(既に「イオン」になったショッピングセンターを「ジャスコ」や「サティ」と呼び続けるように......)。

一体どこに行けばいいのか。どう解釈するべきなのか。何が正解なのか。正解がわからない。

タイトルだけで想像力を掻き立てる「待ち合わせはJR梅田駅で」。はたしてどんな曲になるのか、リリースを待つしかない。

このニュースに関するつぶやき

  • 東京住みだけど「JR梅田駅ってあったっけ?」と思った。絶対新宿の方がわかりやすい。こないだ久しぶりに行って迷子になったけど。
    • イイネ!3
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(44件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定