オダギリジョー×仲野太賀が巧みな掛け合いで魅せる 『ぜんぶ、ボクのせい』本編映像

0

2022年08月08日 19:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『ぜんぶ、ボクのせい』場面写真 (C)2022『ぜんぶ、ボクのせい』製作委員会
映画『ぜんぶ、ボクのせい』場面写真 (C)2022『ぜんぶ、ボクのせい』製作委員会
 現代社会の中で愛と希望を渇望する少年を描く映画『ぜんぶ、ボクのせい』より、オダギリジョー演じるホームレスと、仲野太賀演じるリサイクル工場の従業員が巧みな掛け合いを見せる本編映像が解禁された。

【動画】オダギリジョー×仲野太賀の巧みな掛け合いに注目 『ぜんぶ、ボクのせい』本編映像

 本作は、秋葉原無差別殺傷事件をモチーフにした自主制作映画『NOISE ノイズ』(2018)で注目を集めた松本優作監督が、オリジナル脚本で挑む商業映画デビュー作。日本社会のリアルを見つめながら、孤独を抱えた3人の絆、そして一人の少年の成長を鮮烈に描き切る。エンディングテーマは、大滝詠一の「夢で逢えたら」。

 主演を務めるのは、オーディションで選ばれた新人の白鳥晴都。主人公と同じ寂しさを抱えるヒロインを演じるのは、オダギリジョー監督作『ある船頭の話』(2019)のヒロインに抜てきされ、高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞した川島鈴遥。主人公が海辺で出会う“軽トラで暮らすホームレス”役をオダギリジョー、主人公の母親・梨花役を松本まりかが演じる。そのほか、若葉竜也、仲野太賀、片岡礼子、木竜麻生、駿河太郎が出演。

 児童養護施設で母の迎えを待ちながら暮らす優太(白鳥)。ある日、偶然母・梨花(松本)の居場所を知った優太は、会いたい一心で施設を抜け出す。しかし、そこで見たのは同居する男に依存し自堕落な生活を送っている母の姿だった。絶望した優太は、当てもなく海辺を歩いていると、軽トラで暮らすホームレス・坂本(オダギリ)に出会う。何も聞かず自分を受け入れてくれる坂本。二人はわずかな金銭を稼ぎながら寝食をともにする。

 今回解禁された本編映像は、そんな優太と坂本が、盗んだ自転車で二人乗りをしベルを鳴らしながらリサイクル工場へ入っていくところから始まる。「めちゃめちゃいいわ、このチャリ」と言いながら、リサイクル工場で働く片岡(仲野)に自転車を差し出す坂本。盗んだ自転車なのではないかと疑われるも、坂本は優太のおばあちゃんが使わなくなった物だとごまかす。

 初めて優太を見た片岡は「君は誰だ?」と話しかけ、「このおっさんに誘拐されたんでしょ」と坂本を疑い続ける。それでも坂本は何とかその場を取り繕い、自転車が1万5000円という高値で売れたことを喜ぶ。そのお金で坂本は優太に出会った時に借りたお金をその場で返すのだが、「足りない」と優太。すると坂本は「残りは宿泊代だよ」と、優太を自分の軽トラで寝泊まりさせてあげていることを理由に全額返金を拒むのだった。

 社会問題を取り上げ、絶望の果てに希望を見出そうとする少年の葛藤を描く本作。掴みどころのない坂本(オダギリ)と、どこかユーモアが漂うリサイクル工場従業員・片岡(仲野)による巧みな掛け合いが、そんな本作に絶妙なスパイスを加えている。

 映画『ぜんぶ、ボクのせい』は、8月11日より全国順次公開。
    ニュース設定