Wヒーロー・竹内涼真&横浜流星、同時期に東映撮影所で遭遇も…“ようやく”初共演「勝手に仲間意識を」

15

2022年08月08日 19:51  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真“ようやく”初共演を果たした(左から)竹内涼真、横浜流星 (C)ORICON NewS inc.
“ようやく”初共演を果たした(左から)竹内涼真、横浜流星 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の竹内涼真(29)、横浜流星(25)が8日、都内で行われた映画『アキラとあきら』(26日公開)完成披露舞台あいさつに登場した。竹内は『仮面ライダードライブ』で主演、横浜は『烈車戦隊トッキュウジャー』でトッキュウ4号ヒカリとして同時期に出演していたが、共演する機会はなし。本作で“ようやく”初共演を果たした。

【写真】スタイリッシュ!柄シャツにグレーのジャケットで登場した高橋海人

 初共演について竹内は「東映撮影所でよくすれ違っていました」とヒーロー時代を振り返る。そして横浜の最初の印象について触れ「先入観を持たないようにしていていたんですけど、現場で話していくにつれ無骨ながらもかわいらしい部分とかが見られた。あと到底ここでは言えないようなお互いのダサい所をさらけ出せたので、すごく仲良くなれました」と撮影を通じて関係を深めたことを語った。

 一方の横浜は、竹内に対し「同時期にヒーローやってたので、勝手に仲間意識を持っていた」と話し、「うそのないまっすぐな人。気持ちのいい人っていう印象ですね。真っ直ぐすぎます」とイメージを明かした。

 この日は主演二人のほか、高橋海人(King & Prince/高=はしごだか)、石丸幹二、ユースケ・サンタマリア、江口洋介、三木孝浩監督も登場した。

 同作は、『半沢直樹』『陸王』などのベストセラー作家・池井戸潤氏原作。家柄も育ちも違う2人のアキラと、情熱と信念だけを武器に社会に立ち向かう若き銀行員たちの物語で、熱き銀行員・山崎瑛役を竹内、冷静沈着で頭脳明晰な銀行員・階堂彬を横浜が演じる。2人はダブル主演として初共演を果たす。

このニュースに関するつぶやき

  • 泊進ノ介『繋がったexclamation
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定