本物のたこ焼器を使った「たこ焼きギター」発表 山野楽器と岩谷産業のコラボ楽器がガチすぎる

3

2022年08月08日 20:04  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真左が「たこ焼きギター」、右がたこ焼器の「炎たこII」
左が「たこ焼きギター」、右がたこ焼器の「炎たこII」

 8月8日の「たこ焼の日」に、本物のたこ焼器を使ったインパクト大の「たこ焼きギター」が発表されました。山野楽器と岩谷産業のコラボで誕生し、それぞれの一部ショップにて展示が行われています。見た目がガチすぎる。



【その他の画像】



 山野楽器による、地域活性化と音楽の楽しさを伝える「ご当地ギター」の第3弾。



 今回は“大阪版”ということで、Iwataniのカセットガスたこ焼器「炎たこ」で作りたいという思いから企画がスタート。これに「大阪発祥の企業として大阪を盛り上げたい」と考える岩谷産業が協力し、実際にギターとして演奏できる「たこ焼きギター」が完成しました。



 ギター本体には本物の「炎たこII」がまるっと使用され、プレートにはリアルなたこ焼きの食品サンプルを配置。炎たこのつまみを回すと、まるで点火しているみたいに青色のLEDが光るギミックも搭載しています。また、ギターのネックやヘッド部分にも「たこ足」をデザインするこだわりっぷりです。



 同ギターの販売予定はありませんが、大阪のショッピングモール「なんばシティ」内の「山野楽器 ロックイン難波」と、同じく大阪にある「Iwatani Outdoor Shop BASE」にて展示されています。


このニュースに関するつぶやき

  • たこ焼きはおいしい。ギターもかっこいい。なら合体したら・・・ただの面白グッズでした・・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定