竹内涼真、初共演の横浜流星と「仲良くなれた」 「現場で互いのダサい部分をさらけ出す」

0

2022年08月09日 06:50  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真(左から)高橋海人、竹内涼真、横浜流星、石丸幹二 (C)エンタメOVO
(左から)高橋海人、竹内涼真、横浜流星、石丸幹二 (C)エンタメOVO

 映画『アキラとあきら』完成披露舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の竹内涼真、横浜流星、高橋海人(King & Prince)、石丸幹二、ユースケ・サンタマリア、江口洋介と三木孝浩監督が登壇した。

【写真】(左から)高橋海人、竹内涼真、横浜流星 (C)エンタメOVO

 池井戸潤氏の同名小説を実写化した本作は、対照的な宿命を背負った2人の若者が、情熱と信念を武器に社会に立ち向かう姿を描く。

 幼くして過酷な運命に翻弄(ほんろう)されてきた山崎瑛(アキラ)を竹内、大企業の御曹司ながら次期社長のいすを拒絶し、血縁のしがらみにあらがい続ける階堂彬(あきら)を横浜が演じる。

 竹内と横浜はこれが初共演。ただ、同時期に、竹内は「仮面ライダードライブ」、横浜は「烈車戦隊トッキュウジャー」に出演していたため、「東映撮影所でよくすれ違っていた」という。

 竹内は、今回の撮影を通して、「流星くんの無骨ながらもちょっとかわいらしい部分とか…。あと、ここでは言えませんが互いのダサい部分をさらけ出せたのですごく仲良くなれました」と告白。

 続けて、「到底舞台あいさつでは言えないような」と意味深に語り、「やはり男なので。自分の弱いところをさらけ出さないと、接近できませんから」と笑った。

 横浜は「同時期にヒーローをやっていたので、勝手に仲間意識がありました」といい、竹内を「うそのない、真っすぐな人、気持ちのいい人だなという印象です。真っすぐ過ぎます」と評した。

 また、映画にちなみ「仕事をする上での信念」を尋ねられた竹内は「現場でコミュニケーションをできるだけたくさん取ることが一番大事。時間がない中、本当に素晴らしい方々が奇跡的に集まって、作品を作るわけなので」と語った。

 竹内は「この仕事を始めて約10年になるが、やはり現場が好き。結局どんなに準備していっても、いい意味で現場で崩れる。そこで、いかにみんなでセッションして、いいものにするか。その作業が好きだし楽しい」と話した。

 一方、横浜は「妥協しないこと。皆さんに心に残る作品を届けようと思ったら、妥協したら駄目。それは失礼になるので」と語った。

 映画は8月26日から公開。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定