「路上で頭から流血しながら『救急車は呼ばないで!』と叫ぶ私。突如現れた見知らぬ男性の車に乗せられ...」(兵庫県・40代女性)

1

2022年08月09日 11:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真「路上で頭から流血しながら『救急車は呼ばないで!』と叫ぶ私。突如現れた見知らぬ男性の車に乗せられ...」(兵庫県・40代女性)
「路上で頭から流血しながら『救急車は呼ばないで!』と叫ぶ私。突如現れた見知らぬ男性の車に乗せられ...」(兵庫県・40代女性)

シリーズ読者投稿〜あの時、あなたに出会えなければ〜 投稿者:Yさん(兵庫県・40代女性)

ある日、自転車通学の途中で事故に遭ったYさん。投げ出された体はアスファルトに打ちつけられ、頭から流血をするほどの大怪我を負ってしまった。

その様子を見ていた人が救急車を呼ぼうとしたが、Yさんはそれを必死で拒否した。

自転車に乗っていたら事故に...(画像はイメージ)
自転車に乗っていたら事故に...(画像はイメージ)

<Yさんの体験談>

もう30年くらい前になります。高校生だった私は、愛知県に住んでいて、自転車で通学していました。

その日、登校中に道路を渡ろうと後ろを振り返っていたら、同じく余所見をしていたであろう男子高校生の自転車が突っ込んできました。

不意打ちの正面衝突。しかも後ろを振り返っていた私は見事に吹っ飛び、アスファルトに頭から落ちました。

バタバタバタッと血が......

我に返った時、私はアスファルトに寝転んだ状態で空を見上げていました。

周りには知らない人達が何人かいて、私を心配そうに覗き込んでいます。何が起きたか分からず、とりあえず起き上がってみると......ブレザータイプの制服のブラウスの襟にバタバタバタッと何かが当たる音が。

頭からの出血でした。

頭から、血が...(画像はイメージ)
頭から、血が...(画像はイメージ)

私も、周りの人も、ぶつかってきた男子高校生も、流血を見て呆然。誰かの「救急車呼びますね!」という声がしました。

しかし、当時思春期真っ只中だった私は、なぜか「救急車に乗ること」が異様に恥ずかしく思えてしまい、咄嗟に

「呼ばなくてもいいです!」

と叫んでいました。

困惑した空気が漂い、ぶつかってきた男子高校生はどうしたらいいのか分からなくなったのか、生徒手帳を差し出してきました。血はまだ止まりません。

「じゃあどうするんですか!?」誰かに聞かれ、いや私も知らねーし......と思っていたところに、一人の紳士が颯爽と現れました。

「このまま山に捨てられたらどうしよう...」

「僕が彼女を病院まで送ります」

紳士が放ったその言葉は、混沌を極めていた現場には渡りに船だったようで、周りの人がいそいそと私を支え、問答無用で紳士の車の助手席に乗せられました。

正直、車の中で何か話したかは全く記憶がありません。

ただ、今思うと失礼極まりない話ですが、「知らない女子高生を車に乗せるとか...このまま山に捨てられたらどうしよう...」などと妄想したのは覚えています。

そんな妄想をよそに、車は無事に市内の総合病院へ。

病院に無事到着(画像はイメージ)
病院に無事到着(画像はイメージ)

私は車椅子に乗せられて、処置室へ運び込まれました。頭を5針縫う怪我でした。

後から聞いた話ですが、病院に駆けつけた私の親と、男子高校生の両親がその紳士にお礼を伝え、改めてお礼にうかがいたいのでお名前と連絡先を教えて頂きたいとお願いしたら

「名乗るほどの事はしていません」

と答えたそうです。何でも、その紳士も昔、事故に遭った時に通りすがりの見知らぬ方に助けてもらったのだとか。

私の事故も最初は横目に通り過ぎたそうですが、自分が過去に助けて貰った事を思い出し、引き返してくださったそうです。

会う術もお礼を伝える術もないけれど...

通りすがりに事故を見掛け、車のシートが汚れるのも気にせず頭から血を流す女子高生を車に乗せ、病院へ運び、名も名乗らずスマートに帰って行く......。格好良すぎではないでしょうか。

名乗りもせず去っていった紳士(画像はイメージ)
名乗りもせず去っていった紳士(画像はイメージ)

あの時の紳士は、今頃どうしていらっしゃるのでしょう。

会う術もお礼を伝える術もありませんが、私の一生忘れられない思い出として色鮮やかに心に残っています。この思い出を自分の子供にも伝え、優しさの輪繋ぎをしていけたらいいなぁと思っています。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

名前も知らない、どこにいるかもわからない......。そんな、あの時自分を助けてくれた・親切にしてくれた人に伝えたい「ありがとう」を心の中に秘めている、という人もいるだろう。

Jタウンネットでは読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度〜)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)

このニュースに関するつぶやき

  • 私も、子供時代に知らないお姉さんやおじさんに助けてもらった…お礼も言えずに別れたたくさんの人々��
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定