皮膚細胞から卵子を作製する技術研究を促進させて妊娠を可能にする

3

2022年08月09日 17:00  妊活・卵活ニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

妊活・卵活ニュース

写真写真

前例のない技術
8月5日、オレゴン健康科学大学(アメリカ)の研究チームは、同大学プレスリリースを通じて、「Open Philanthropy」より助成金を受け、皮膚細胞から卵子を作製する技術研究を促進させると発表した。

なお、この前例のない技術の有効性は、マウスを用いた動物モデル実験において証明されている。皮膚細胞から作製した卵子と精子を受精させたところ、生存能力のある受精卵・胚へと成長することが認められた。

妊娠が困難な場合でも子供を授かる可能性を高める
今回の研究では、ドナー提供を受けたヒト初期胚、精子を用いて、1996年7月にスコットランドで誕生したクローン羊「ドリー」として知られる体細胞核移植の技術にて行う。

マウスを用いた動物モデル実験を通じて、皮膚細胞からの卵子作製における有効性は認められたものの、一方で倫理的および科学的妥当性が課題として残る。なお、研究チームは、課題の背後にある科学は複雑であるが、研究の方向性は正しいとの考えである。

男女共に加齢に伴い生殖機能・能力は低下し、年齢による生殖への影響は避けられない問題である。

それゆえ、この新たな技術の有効性が証明された場合、子供を望む家族に莫大な利益をもたらすだろう。加齢による卵子の老化、癌などの疾患による妊娠可能性の低下、不妊において潜在的なアプローチとして考えられる。

とりわけ、不妊カップルや同性カップルにとって将来性があり、妊娠が困難な場合でも子供を授かる可能性が高まると期待される。

(画像はプレスリリースより)

OHSU

このニュースに関するつぶやき

  • ここまでやっといて今さら倫理的妥当性とかさwどうしても子供が欲しい向きにはそういうのどうでもいい人間もいるんじゃねえの?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定