いつかは宇宙へ! 海外YouTuberが発射後に着陸できるロケットを完成させる 約7年かけて個人開発

1

2022年08月09日 19:08  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真長きにわたるロケットの総決算 約7年かけて開発した自作ロケット 着陸も成功
長きにわたるロケットの総決算 約7年かけて開発した自作ロケット 着陸も成功

 海外のYouTuberが個人開発した再着陸できるロケットが話題になっています。制作期間は約7年……諦めなくて良かった!



【画像】ロケット開発中の様子



 ロケットを開発したのはYouTubeチャンネル「BPS.space」。運営者のジョー・バーナードさんは、スペースXが開発した「ファルコン9」に影響され、7年ほど前からロケットの自作に挑戦していました。



 開発の様子はYouTubeで定期的に紹介されており、ロケットの発射は成功したものの、再着陸時の制御が上手くいかず難航。着陸にあわせて減速するための逆噴射がうまく作動しない、脚部が展開しないといった不具合が発生して、その対処で苦労していました。



 諦めずに何度も調整を加えて、ついに迎えた5回目のテストでは、無事にロケットは着陸することに成功! 直後、バーナードさんは喜びのあまり、帽子を地面に叩き付けてしまうほどの興奮を見せていました。


このニュースに関するつぶやき

  • へー ∩ヾ(゚-゚ )
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定