「中銀カプセルタワービル」をVRで再現 2万枚以上の写真から復元され後世に継承

1

2022年08月09日 19:17  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「中銀カプセルタワービルVR」β版を公開
「中銀カプセルタワービルVR」β版を公開

 解体が進む「中銀カプセルタワービル」を3Dデータで保存した「中銀カプセルタワービルVR」β版が公開されました。入れるエリアは今後拡大されていきます。



【画像】「中銀カプセルタワービルVR」を見る



 黒川紀章氏が設計したメタボリズムの名建築として知られる「中銀カプセルタワービル」を3Dデータで保存。3次元計測技術により複雑な形状を正確に記録した、建築の価値を後世へ継承するためのデジタルアーカイブプロジェクトです。



 レーザースキャンによりミリ単位で正確な距離を計測したデータ、一眼レフカメラやドローンによって撮影した2万枚以上の写真データを組み合わせています。建物全体をスキャンして、現実の空間情報をまるごと3次元データ化。経年変化した建物の姿をそのまま記録しています。



 VRゴーグルやスマートフォンで見ることができるcluster版とVRChat版が公開され、9日23時59分までクラウドファンディングも実施しています。金額は3000円からで、支援するとカプセルの内部に入れる秘密の鍵番号がもらえます。さらに支援者を対象に、建物の外観を手軽に鑑賞できる「中銀カプセルタワービルAR」を先行公開。プランには、3Dデータ付きプラン(3万円)や中銀カプセルNFTを発行するプラン(10万円)などもあります。



 クラウドファンディングでの支援が目標金額を達成した場合は、多くの人の役に立つべく、3次元点群データをオープンソースとして無償で公開するとしています。


このニュースに関するつぶやき

  • Wikiのソニータワー大阪を見ると、外観トイレカプセル部分の写真が。やっぱり中銀と通じる。80年代に3階のミニシアターでYMOのワールドツアーを毎日寄り道して見た日々を思い出す(笑)。
    • イイネ!0
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定