東京ガスと東北電力が出資した新電力、11月末でサービス終了

5

2022年08月09日 19:51  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真シナジアパワーのWebサイト
シナジアパワーのWebサイト

 東京ガスと東北電力が出資した新電力のシナジアパワー(東京都台東区)は8月8日、小売電気事業を11月末で終了すると発表した。長引く燃料価格の高騰などで事業の継続が難しくなった。



【その他の画像】



 折からの燃料価格や卸電力取引価格の高騰で事業環境が悪化し、ロシアによるウクライナ侵攻で先行きの不透明さが増した。コスト低減や出資会社からの支援、電気料金の見直しなどを進めてきたが「収支改善、経営再建の見通しが立たず、事業継続は困難と判断した」としている。



 利用者の契約切替などの手続きについては8月10日に発送するダイレクトメールで案内する。問い合わせ窓口として専用ダイヤル(0120-583-017)も開設した。



 シナジアパワーは2015年に東京ガスと東北電力が折半出資で設立した小売電気事業者。「エネルギーのプロ」による電力サービスをうたい、関東圏で主に法人向けの高圧/特別高圧電力を販売している。


このニュースに関するつぶやき

  • 電力事業者も冬の時代かな・・・
    • イイネ!0
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定